横浜中華街全域にて開催! 「横浜中華街 2022 春節燈花(イルミネーション)」11月1日よりスタート

文●横浜LOVEWalker

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 横浜中華街は11月1日より「2022 春節イルミネーション」を開催する。

 旧暦のお正月を祝う中華の伝統文化行事「春節」に向かい、地域や中華街を訪れる観光客と一緒にお祝い気分を高めていきたいと、2003年から始まった催し。提灯、ランタン、赤色LEDを使用した光のラインを組み合わせ、縁起が良い色である赤と金を基調とした華やかな光で街全体を幻想的に演出する。

 本年度は、加賀町警察署前に「財神」、山下町公園には昨年の「龍」と対を成す「鳳凰」の新たなランタンオブジェが仲間入り。昨年度に引き続き、中華街大通りと関帝廟通りの2つのメイン通りには、強さと幸運をあらわす「百節龍」と「五十節龍」が登場。また、本年度は「SDGsな街・横浜中華街」をより推進し、春節イルミネーションにおける使用電力を全て再生可能エネルギーにて賄い、環境インフラ面でも持続可能な街運営を目指しているという。

 例年は華やかなオープニングと点灯式を開催するが、コロナ禍を鑑みて本年は新型コロナウイルス感染症終息祈願と点灯式のみの実施。

点灯式
日時:11月1日18時~
場所:横浜中華街大通り 萬珍樓前
概要:中華街発展会 理事長・高橋伸昌氏と2022 春節実行委員長・余凱による点灯式
   新型コロナウイルス感染症終息祈願
春節イルミネーション
期間 :11月1日~2022年2月28日
時間 :毎日16時~23時(※一部灯りは25時まで)
エリア:横浜中華街全域

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行なわれている可能性があります。あらかじめ最新の情報をご確認ください。
またお出かけの際は、手洗いやマスクの着用、咳エチケットなどの感染拡大の防止に充分ご協力いただくようお願いいたします。

■関連サイト