このページの本文へ

公道を走行できる電動キックボード「Meister F EKRA01」、ヤマダデンキでの取り扱い店舗が拡大

2021年10月08日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FUGU INNOVATIONS JAPANは10月8日、公道を走行できる電動キックボード「Meister F(マイスター エフ)EKRA01」の取り扱い店舗(ヤマダデンキ一部店舗)が拡大したと発表した。

 新たに販売を開始したのはLABI新宿西口館やLABI東京八重洲、LABI1 LIFE SELECT高崎などの店舗。取扱い店舗は、すでに販売をしている店舗含め計13店舗となる。

 本製品は公道を走行できるスタイリッシュなデザインの電動キックボード。

 最高速度は19kmで、およそ4時間の充電で最長およそ30kmを走行可能としている。またタイヤには空気入れも不要で長時間・安全な走行ができる8.5型パンクレスタイヤを採用。

 さらにヘッドライト、バックミラー、警音器、テールランプ、ナンバー灯などの保安装備が付属するほか、日中でも夜でも見やすいデジタルメーターを搭載している。

 重さはおよそ14.3kgで、価格は5万4780円となる。

※本製品で公道を走行するには、車体登録、ナンバープレートの取得、自賠責保険への加入が必要で、ナンバーを取得した場合は50ccの原付と同じ扱いとなり免許証とヘルメットの着用が義務づけられる。公道走行についてはこちらも確認のこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ