このページの本文へ

JAPANNEXT「JN-315IPS144UHDR」

PS5の4K/120Hzに対応するJAPANNEXTの31.5型液晶

2021年10月02日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JAPANNEXTから、リフレッシュレート144Hz対応の31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレー「JN-315IPS144UHDR」が発売された。価格は9万9000円。パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

PlayStation 5接続時の4K/120Hzに対応する31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレー「JN-315IPS144UHDR」

 HDMI2.1を搭載し、リフレッシュレート144Hzに対応するという31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレーの新製品。PlayStation 5接続時の4K/120Hzに対応するのも特徴だ。

インターフェースはHDMI2.0×1、HDMI2.1×1、DisplayPort1.4×2、イヤホン出力×1。PCとPS5の併用も可能だ

 基本スペックは、液晶パネルが光沢タイプのIPS方式で、輝度400cd/m2、コントラスト比1000:1、表示色10.7億色、視野角は水平/垂直178度。ハイダイナミックレンジやディスプレー同期技術AMD FreeSync、フリッカーフリーとブルーライト軽減に対応する。

 インターフェースはHDMI2.0×1、HDMI2.1×1、DisplayPort1.4×2、イヤホン出力×1。スピーカーは3W×2を内蔵。本体サイズは716(W)×310(D)×609(H)mmで、重量は約7.9kg。付属品としてHDMIケーブル、DisplayPortケーブルが同梱されている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中