前へ 1 2 3 次へ

VAIO好きなら知っていて当たり前!?

創立7周年を迎えたVAIO株式会社「7つのトリビア」を紹介、非売品グッズもプレゼント

文●飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2021年7月1日に創立7周年を迎えたVAIO株式会社。2014年にソニーから独立して誕生した企業は、それまでの伝統とブランドを引き継ぎ、高性能・高品質な製品づくりを行なってきました。代表取締役社長は、2021年6月1日付けで五代目となる山野正樹氏が就任。今年フラッグシップモデルである「VAIO Z」が復活し、上昇気流に乗るVAIOが、さらなる事業拡大を目指している。

 そこで今回は、そんなVAIO株式会社にまつわるトリビアを紹介していきましょう。みなさん、どれだけ知ってる?

1.VAIOの本社は東京ではなく長野

 まぁ、VAIO好きであれば知っていて当然でしょう。ただ、VAIOをつくっているのは長野県にある「安曇野工場」という認識はあっても、本社機能は東京にあるんじゃない? と思っている人も少なくないかもしれない。

 そもそも、「安曇野」ってどこにあるのかご存知でしょうか? 長野県の中部、松本の北東に位置する市で、東京・新宿からだと、JR特急あずさで松本まで行き、そこからJR大糸線に乗り換えて豊科で下車と、だいたい3時間ぐらいかかる場所である。特急あずさが直通運転するときもあるので、それに当たればラッキーな感じだ。

 工場自体の歴史は長く、今から60年前の1961年に東洋通信工業豊科工場として建設され、1974年に長野東洋通信株式会社がソニー株式会社の100%子会社になったことで、主にオーディオ機器の製造を行なうことになった。

 その後、「MSX」や「NEWS」などを製造し、1997年に「VAIO」ノートPCを製造開始。以降、デスクトップPCや「AIBO」などの製造も行なってきたが、2014年にソニー株式会社から分離・独立してVAIO株式会社を設立。現在に至っている。

安曇野工場には「VAIO」のロゴが掲げられている

 工場入口に「VAIOの里」という石碑があるが、VAIOがここから産声をあげたのが、今から24年も前の話である。分離・独立してこの地にVAIO株式会社を設立したのも、安曇野でのものづくりに自信と誇りをもっているのと同時に、日本のメーカーとして、ものづくりの本質を追求していくという意志の表われでもある。「安曇野FINISH」という言葉が生まれたのは、こうした思いからの自信の表れだ。

 ちなみに、東京や大阪、名古屋、福岡にもオフィスを構えているが、あくまで本社は安曇野である。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月