このページの本文へ

バイデン政権が本腰、 「二酸化炭素貯留」の狙い 幹部に聞く

2021年08月31日 07時00分更新

文● James Temple

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米国のバイデン政権が取り組む気候変動への取り組みの一つの柱となるのが、「二酸化炭素の回収・貯蔵(CCS)」だ。環境問題の活動家からは反対意見も根強いが、二酸化炭素排出量削減が困難な業界には必要なものだという。化石エネルギー・炭素管理局の幹部に狙いを聞いた。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ