このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第141回

シヤチハタの作る「ブロックチェーンはんこ」とは-倶楽部情報局

2021年08月30日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「シヤチハタの作る「ブロックチェーンはんこ」とは」を紹介します。


 取引先に請求書を送るとき、PDFのファイルに自分のはんこの印影をつけて、メールで送っている。

 紙にはんこをつき、スキャナーで印影をデジタル化した画像データだ。Eecelでつくった請求書に印影の画像データを挿入し、PDF化するのだが、正直どれほどの意味があるのか分からない。

 ビジネス文書につくはんこには本来、押印した会社の社長や個人が、「たしかに自分がつくった請求書です」と、真正な文書であることを示す意味があるはずだ。

 一方で印影の画像データは好きなだけコピーできる。それだけに、だれかが勝手に印影の画像データをつけた文書をつくる偽造リスクは避けられない。

 こうした課題をブロックチェーンで解決しようという動きが出てきた。中心になっているのは印鑑メーカーとして知られるシヤチハタ社だ。

 同社は2021年8月18日、「NFT印鑑」を開発すると発表した。

印影の画像データだけでは意味がない

 PDFの請求書に印影の画像データを挿入する筆者のやり方は、偽造を防ぐという観点では、はっきり言って意味がない。

 画像データを好きなだけコピーできる以上、印影をつけたとしても、それだけで「たしかに私が請求書をつくり、取引先に振込を請求しました」という行為の証拠とするのは難しいだろう。

 では、なぜ印影の画像データをつけているかといえば、名前がタイプされただけの文書よりは、少しは見栄えがいいと感じているからだ。

 見た目だけが理由であるなら、画像データを挿入する手間を省き、やめてしまっても大きな支障はない。

 単なる印影の画像データを、偽造防止の観点でも意味がある「電子印鑑」にするには、印影の画像データに「電子証明書」を付ける必要がある。

NFT印鑑とは

 シヤチハタ社が導入する、NFT(Non-fungible Tokens、ノン・ファンジブル・トークン)は、非代替性トークンと訳されている。2021年に入ってから、急速に注目が集まった仕組みだ。

 NFTは、音楽やアート、トレーディングカード、ゲーム内のアイテムなどのデジタルデータに「オリジナル」であるとの証明書を付ける仕組みだ。

 データは何度でも複製できるが、ブロックチェーン上に所有者の氏名や取得した日時、本人認証のためのデータなどを記録することで、そのデータが「オリジナル」であることを証明する。

 3月には、「Beeple」の名義で知られるマイク・ウィンケルマン(Mike Winkelmann)のデジタルアート作品が約75億円で取り引きされた。

いつ、だれが、どのファイルに押印したのか

 シヤチハタ社は、この仕組みをはんこに活用する。同社が公表したプレスリリースから想像できるNFT印鑑の使い方は、以下のようなイメージだ。

 たとえばWordやExcelで作成した文書に、部長や社長がNFT印鑑を押す。すると、いつ、だれが、どの文書に押印したかが、ブロックチェーン上に記録される。

 ブロックチェーン上の記録が、文書についている印影が「オリジナル」であることの証拠になる。

 シヤチハタ社は、既存の電子契約サービスとも連携し、さまざまなプラットフォームでNFT印鑑を利用できるよう拡張していく考えだという。


 続きは「シヤチハタの作る「ブロックチェーンはんこ」とは」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1358(2021年10月26日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1357(2021年10月19日発行)

  • 週刊アスキー No.1356(2021年10月12日発行)

  • 週刊アスキー No.1355(2021年10月5日発行)

  • 週刊アスキー No.1354(2021年9月28日発行)

  • 週刊アスキー No.1353(2021年9月21日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事