このページの本文へ

講師・受付に「顔」貸出、デジタル版コピーロボビジネスが拡大中

2021年08月30日 06時29分更新

文● Will Douglas Heaven

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

実在の人物の映像を使ってディープフェイクで作成したAIキャラクターを、ライセンス供与するビジネスが広がりつつある。いったん映像を撮影すれば、何千本もの映像に出演し、あらゆる言語で何でも話すことができるため、俳優の仕事にも影響を与えそうだ。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ