このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢 第280回

売上高が約30%減少したファーウェイ ソフトウェア企業への転換を急ぐ

2021年08月19日 12時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年に「冬は必ずやってくる」というサブタイトルの本が出版されたこともあるファーウェイ。同社にとっては長い冬が続いている。8月初めに報告された2021年上半期の業績は、通信インフラ、端末ともに大幅のマイナスを記録。ソフトウェアへ軸足を急いで移しているところだが、まだトンネルは長そうだ。

7月に最新フラグシップ機「HUAWEI P50」シリーズを発表したファーウェイ。プレゼンテーションは中国語で行なわれた

2021年上半期の売り上げは約30%という大きな減少

 ファーウェイが2021年上半期(1~6月期)の業績報告を行なった。売上高は3204億人民元(約494億3800万ドル、約5兆4300万円)、2020年同期からは29.4%のマイナスとなった。

 同社は基地局など通信インフラの「キャリア事業」、スマートフォンなどの「コンシューマ事業」、サーバーやストレージなど法人向け「エンタープライズ事業」の3つの事業を持っている。キャリア事業からスタートさせ、2000年代後半にコンシューマ事業を確立。そしてエンタープライズ事業を3つ目の柱として成長させてきた。米中貿易戦争の前までは、キャリア事業を上回る勢いでコンシューマー事業が成長し、エンタープライズ事業も自国中心とは言え、日本も含めた国内で顧客を増やして急成長中という流れだった。

 さて2021年上半期、3事業の内容はというと、キャリア事業は1369億人民元(約211億2300万ドル、約2兆3200億円)。前年同期から14.2%のマイナスとなった。これまで強かった欧州においてもファーウェイ排除の動きが目立ち、軒並み5Gインフラに採用されない状況だ。それでも、お膝元の中国では5G向けをはじめ通信事業者のネットワーク投資が活発。そのこともあってマイナスは14.2%にとどまったようだ。

とにかく打撃が大きいコンシューマ事業 売上はほぼ半減
HUAWEI P50シリーズは4G端末として登場することに

 3つの事業で最も減少したのが、コンシューマー事業だ。言うまでもなく、米国の制裁、そして世界的な半導体不足というダブルパンチを受けた。2021年上半期の売上高は1357億人民元(209億4000万ドル、約2兆3000億円)、これは前年同期からなんと47%の減少となる。ファーウェイは2020年11月に、「Honor」ブランドを切り離したが、これも影響したようだ。

 ファーウェイのスマートフォン事業の苦しさは、7月末に発表した最新のフラッグシップ「HUAWEI P50」シリーズが5G対応ではないところからも感じられる。かつてはフランス・パリなど欧州の主要都市で華々しくローンチしていた同社のフラグシップ端末だが、HUAWEI P50の発表はオンラインで中国語のみだった。

 5000万画素のメインカメラなど3眼構成の高性能のカメラ機能には注目が集まるものの、肝心のネットワークでは4Gまでの対応。米国の制裁により米国製の技術を利用できないためだ。一方で、Wi-Fi 6、AIアルゴリズムなどで、5Gスマートフォンと遜色ないレベルの性能を出せると、コンシューマ事業を率いるRichard Yu氏は語っていた。

 HUAWEI P50には自社の「HarmonyOS」を搭載、もちろん(そのままでは)Google製アプリは使えない。プロセッサは、HiSiliconのKirin 9000またはSnapdragon 888となっている。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン