第26回 SORACOM公式ブログ

ソラコム公式ブログ

新サービス「SORACOM Arc」に関するブログ記事のご紹介

takuya/ソラコム

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本記事はソラコムが提供する「SORACOM公式ブログ」に掲載された「新サービス「SORACOM Arc」に関するブログ記事のご紹介」を再編集したものです。

 こんにちは。ソリューションアーキテクトの桶谷(ニックネーム: takuya)です。

 先日のSORACOM Discovery 2021で発表されたSORACOM Arcについて多くの反響をいただいており、Blogや記事を多数書いていただいております。今回はそのSORACOM Arcに関するブログ記事をご紹介します。

SORACOM Arc を利用して色々できる

 SORACOM Arc は任意の IP ネットワークから SORACOMプラットフォームへのセキュアなリンクを提供するサービスです。例えば Wi-Fi(インターネット回線)と SORACOM Arcを組み合わせて⼤きなファイルの通信をオフロードしたり、SORACOM Air が利⽤できないデバイスから SORACOMプラットフォームを利⽤することができます。まず最初に SORACOM Arc を利⽤することで何ができるのかを試していただいたブログ記事をご紹介します。

 SORACOM AirとSORACOM Arc(Wi-Fi)を用いて、回線冗長化を実現する方法をまとめていただきました。ルート設定やルート変更時の挙動、回線切替スクリプトまで詳細に記載いただいており、必見です。

 自宅ネットワークにSORACOM Arcに接続するGatewayを用意して、ネットワークごとSORACOM プラットフォームに接続する方法をまとめていただきました。先にご紹介したルーターからSORACOM Arcに接続する方法と同じように、自宅ネットワークにあるデバイスから簡単にSORACOMプラットフォームを利用することができます。
 

 SORACOM ArcにSORACOM Gateを合わせて利用し、色々なネットワークを相互接続し、柔軟にアクセスさせる方法をまとめていただきました。ここまでくると企業内ネットワークでも利用できそうですね。

 いかがでしたでしょうか。SORACOM Arcのユースケースについては以下のドキュメントの「ユースケースと構成例」も参照ください。

色々なプラットフォームから SORACOM Arcを利用

 SORACOM ArcはWireGuardを使用してSORACOMプラットフォームとVPN接続を作成するサービスです。VPN接続を作成するためにsoratunというクライアントエージェントを提供しておりますが、WireGuardが利用できるプラットフォームであればどこからでもVPN接続を作成することができます。

 soratunでサポートしているのはLinuxとなっていますが、Linux以外のプラットフォームからSORACOM ArcにVPN接続する方法に関するブログ記事をいくつかご紹介します。

 利用している人が多い MS Windows 環境から、しかも SORACOM CLI を用いて SORACOM Arc に接続する方法をまとめていただきました。

 MS Windowsの次に利用されているMac環境からSORACOM Arcに接続する方法をまとめていただきました。

 Raspberry Pi OS(Debian Linuxベース)もLinuxなのでWireGuardが利用可能です。これまでは Raspberry Pi + USBドングル + SORACOM Airという構成が多かったと思いますが、SORACOM Arcを利用することでシンプルにスピーディーにSORACOMプラットフォームを使い始めることができます。

 WireGuardではAndroid/iOS用のスマートフォンアプリが用意されています。スマートフォンには各種センサーやGPS、カメラなどが搭載されています。それらの値を取得してSORACOM ArcでSORACOMプラットフォームに送信するアプリを作成することで、GPSマルチユニットの代わりにスマートフォンを利用することや、S+ Camera Basicの代わりにスマートフォンを利用することができるかもしれません。

 また、SORACOM Air以外のSIM(モバイル通信網)を利用してSORACOM Arcを接続することもできます。

 みんな大好きDockerからもSORACOM Arcで接続できます。Dockerで接続できる、ということはDockerが動く環境であればどこからでも接続できる、ということでSORACOM Arcの活用の幅が広がりそうです。

 少し変わったところでは、ルーターからSORACOM Arcに接続する方法をまとめていただきました。WireGuardに対応したルーターをお持ちでしたら、WireGuardに対応していないデバイスも簡単にSORACOMプラットフォームを利用することができますね。

色々なクラウドからSORACOM Arcを利用

 WireGuardが動くのは物理的なデバイスだけではありません。クラウド上の仮想サーバやサービスでもWireGuardを動かすことができればSORACOM Arcで接続することができます。

 Microsoft Azureの仮想マシン(VM)からSORACOM Arcに接続する方法をまとめていただきました。

 AWS の Amazon EC2 Instance から soratun を用いて SORACOM Arc に接続する方法をまとめていただきました。

 AWS CodeBuildから soratunを用いてSORACOM Arcに接続する方法をまとめていただきました。soratunはひとつのバイナリファイルをコピーするだけで利用することができます。CodeBuildの他にもAWS Lambdaのように独自ライブラリを利用できるサービスであればSORACOM Arcに接続することができそうです。

 その他、SORACOM Arcの利用方法、応用機能やリファレンスについては以下のドキュメントを参照ください。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。色々なプラットフォームやクラウドから色々な用途でSORACOM Arcを活用することができそうですね。また現在、SORACOM Arcブログコンテストを開催しております。

 SORACOM Arcがあるから解決できた課題、SORACOM Arcを使ってこんなことやあんなことが実現できたよ、というブログ記事がありましたら応募をお待ちしております。

 以上、SORACOM Arcに関するブログ記事のご紹介でした。様々なSORACOM Arcの活用方法をまとめていただき、ありがとうございました!

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月