このページの本文へ

収監中のジャーナリストが刑務所のネット解禁を訴える理由

2021年08月13日 06時27分更新

文● Joe Garcia

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

20年前に刑務所に収監された受刑者にとって、インターネットはほとんどなじみがない存在だ。出所後のスムーズな社会復帰のためにも、インターネットの利用を解禁すべきだと筆者は主張する。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ