このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

iOSやmacOSの進化が見えた! 「WWDC21」特集 第21回

iPadとMacの境界がさらに曖昧になる「iPadOS 15」パブリックベータの注目点

2021年08月01日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クイックメモは、Pencilによる手書きでこそ

 最後に、新しいiPadOSとmacOSに共通する機能、クイックメモについて触れておこう。この機能自体は、両OSのものがかなり接近していて、ほとんど違いが分からないほどだ。ただし、Apple Pencilによる手書き入力によるメモは、iPadOSでのみ可能なのもの。手早くメモを取る機能としては、やはりこの方がふさわしく感じられる。

 iPadOS 15では、Apple Pencilで手書き入力した日本語の文字認識がようやく可能になる。クイックメモでも、「手書きツール」を選ぶことでテキスト入力が可能だ。手書きのままの臨場感も捨てがたいが、そままでは検索も難しいので、用途によって使い分けるといいだろう。

 

筆者紹介――柴田文彦
 自称エンジニアリングライター。大学時代にApple IIに感化され、パソコンに目覚める。在学中から月刊ASCII誌などに自作プログラムの解説記事を書き始める。就職後は、カラーレーザープリンターなどの研究、技術開発に従事。退社後は、Macを中心としたパソコンの技術解説記事や書籍を執筆するライターとして活動。近著に『6502とApple II システムROMの秘密』(ラトルズ)などがある。時折、テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士として、コンピューターや電子機器関連品の鑑定、解説を担当している。

 

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中