このページの本文へ

iOSやmacOSの進化が見えた! 「WWDC21」特集 第21回

iPadとMacの境界がさらに曖昧になる「iPadOS 15」パブリックベータの注目点

2021年08月01日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

macOSのMission Controlにせまる「シェルフ」

 iPadOS 15のマルチタスキングでは、異なるアプリを1つの画面に並べて表示するだけでなく、1つのアプリで複数のドキュメントを開き、それらを素早く切り替えて使えるようになっている。

 まず1つのアプリで複数のドキュメントを開く方法は、複数アプリのマルチタスキングを起動するのと同様だ。マルチタスキングメニューを使って、1つのアプリを複数回起動すればいい。

 これで、1つのアプリで複数ドキュメントを開いた状態になった。この状態では、片側のウィンドウをフルスクリーン表示にしても、開いたドキュメントは、バックグラウンドに残っている。ここで再び「…」をタップしてマルチタスキングメニューをを開くと、こんどは画面の底辺に沿って、そのアプリで開いているドキュメントのサムネールが横一列に表示される。これが「シェルフ」だ。

 ここでサムネールをタップするだけで、編集するドキュメントを即座に切り替えることができる。

 このように、iPadOS 15のマルチタスキング機能では、複数アプリの組み合わせを選択するのも、1つのアプリで開いている複数のドキュメントを選択するのも、かなり簡単、かつ直感的に操作できる。こうした選択機能は、macOSで言えば、Mission Controlに対応するものと言える。見た目や操作方法は異なるが、両者の性格の違いを反映したチューニングの成果だろう。

 iPadOS 15のマルチタスキング機能には、実は他にも「センターウィンドウ」という表示方法も用意されている。これはフルスクリーン、Split View、Slide Overに続く第4のレイアウトと言える。

 この機能は、今のところ利用できるアプリが限られているようだ。また現状では、やや分かりにくい感じも残るが、それだけに今後の発展が楽しみな部分でもある。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中