このページの本文へ

iOSやmacOSの進化が見えた! 「WWDC21」特集 第21回

iPadとMacの境界がさらに曖昧になる「iPadOS 15」パブリックベータの注目点

2021年08月01日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPadOSにも導入されたAppライブラリ

 これまではiOS専用だった「Appライブラリ」がiPadOSでも使えるようになる。個人的には、iOSでもホーム画面上に自分の好きなようにフォルダを作成する方が、いわばお仕着せのAppライブラリより、アプリの整理がしやすいと感じていた。それは、iPadOSのAppライブラリでも同じだ。ただし、やはりホーム画面の物理的な大きさを考えると、iOSよりiPadOSの方が、Appライブラリの効果が大きいと感じる。1つの画面でスクロールせずに一覧できるアプリの数も種類もおおいからだ。

 iPadOSのAppライブラリは、Dockの右端に配置されたアイコンをタップすることで開く。

 あるいはiOSと同様にホーム画面を右端のページまでスワイプして、そこから更にスワイプして開くこともできる。

 ホーム画面のスワイプによってAppライブラリが開けるなら、それで十分という人は、「設定」の「ホーム画面とDock」でDock上のAppライブラリアイコンの表示をオンオフできる。Dockはかなり貴重なスペースなので、Appライブラリそのものを多用しないという人は、Dock上のアイコンも消しておいた方がいいだろう。ただし、Dockのアイコンをクリックした場合には、Appライブラリは、ホーム画面のどのページの上にもオーバーレイ表示されるので、いつでも素早くアクセスできるのは確かだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中