このページの本文へ

iOSやmacOSの進化が見えた! 「WWDC21」特集 第21回

iPadとMacの境界がさらに曖昧になる「iPadOS 15」パブリックベータの注目点

2021年08月01日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キーボード操作でだけ有効になるSafariの機能

 iPadOS 15のSafariにも、同時に発表されたiOSやmacOSの新バージョン同様、比較的大きなユーザーインターフェースの変更が盛り込まれている。その主なものは、アドレス入力欄と一体化したタブと、それを整理するタブグループに集約される。

 しかし、純粋なタブレットと、キーボード付きノートブックのいずれのスタイルでも利用可能なiPadは、各々の場合で微妙に異なるインターフェース機能を提供している。ここでは、iPadにトラックパッド付きのキーボードを接続した場合にだけ有効になる機能を確認しておこう。

 まずSafariの新しいタブは、これまではツールバーにあったような機能を、個々のタブから呼び出せるようなメニューを備えている。これは、各タブの右端にある「…」の部分をタップ、またはクリックすることで開く。

 このメニュー自体は、画面を直接指でタップしても、トラックパッドでポインターを合わせてクリックしても操作できる。しかし以下のように、タブの上にトラックパッドのポインターをホバーさせたときだけ表示され、使える機能もある。

 その1つは、使用頻度の高いリロードボタンだ。タブの右端の「…」ボタンのすぐ左あたりにポインターを重ねると表示される。ページをロードした直後は、リーダー表示に切り替える書類アイコンのようなボタンが表示されることもある。

 そしてもう1つは、ページのプレビュー機能だ。これは、選択していないタブの上にポインターを重ねると、その下にサムネールのように表示される。

 どちらも便利な機能だけに、指による操作でできないのが残念だが、Magic Keyboardなどを装着していたり、マウスなどのポインティングデバイスを利用する場合には、積極的に活用したい。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中