このページの本文へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第39回

次期OSが登場する前にiPadとMacの連係技を棚卸しておこう

今すぐ使える! iPadとMacの便利な連係技6選

2021年07月25日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

注釈を入れたいPDFをMacのクイックルックを使って開くとクイックルックのウィンドウの上辺に配置されたツールバーの右端に、「外部で注釈を入れる」という機能を体現したようなメニューボタンが表示される

指やApple PencilでPDFに書き込む
「連係マークアップ」

 この場合の「マークアップ」とは、PDFに注釈を書き込むこと。動作としては、上の連係スケッチに似ている。つまり、いったんMacで開いたPDFファイルに対して、iPad上で同じファイルを開き、指やApple Pencilによって手書きの注釈を書き込み、それをMac上のファイルに反映できるというもの。ただし、連係スケッチとは異なり、iPad側で書き込んだ注釈は、リアルタイムでMac側の画面にも反映される。

 この機能を利用するには、まず注釈を入れたいPDFをMacのクイックルックを使って開くのがポイントだ。そのMacの近くに、連係するデバイスとしての条件を満たすiPadやiPhoneがある場合、クイックルックのウィンドウの上辺に配置されたツールバーの右端に、「外部で注釈を入れる」という機能を体現したようなメニューボタンが表示される。そこをクリックして開くメニューから、目的のデバイス(この場合はiPad)を選択する。

 すると、選択したiPad上に注釈対象のPDFが開き、タッチ操作によるマークアップが可能な状態となる。

 ここで、ペンの種類や太さ、色を選んで書き込むと、その都度、Mac側のPDFにも注釈が反映されていく。作業が終わったら、iPad画面の右上にある「完了」ボタンをタップすればいい。後は、注釈の書き込まれたPDFがMac側のクイックルックのウィンドウに残る。ここでも「完了」をクリックすれば、注釈をPDFファイルに記録して作業を終えられる。何らかの理由で注釈作業をキャンセルして元に戻したければ、「元に戻す」をクリックすればいい。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中