このページの本文へ

パソコンショップSEVENのケースラインアップが刷新、その魅力をインタビュー

電源ケーブルも光るコダワリの超ライトアップゲーミングPC「ZEFT RL31ARGB」、BTOパソコンだから大変な組み立ても歴戦のプロにお任せ!

2021年07月22日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セブンアールのPCケースラインアップが刷新
こだわりの条件や市場の人気を踏まえて複数モデル追加

──今日はよろしくお願いします。そもそもZEFT RL31ARGBを手掛けることになったいきさつを教えていただけますか。

西川 龍氏(以下、西川氏):まずは、弊社のBTOにおけるケースのラインアップの刷新に端を発します。AMD、インテルともハイエンドCPUでは大型水冷がスタンダードになってきています。そこを充実させたいと思いました。

中嶋氏:「360mmサイズのラジエーターが問題なく装着できること」「5インチベイの有無に関わらず、エアフローに優れていること」、そして話題性や市場の人気を踏まえ、Corsairさんの「iCUE 5000X RGB」、ASUSさんの「TUF Gaming GT501 ホワイト」、Sharkoonさんの「TG5 PRO-RGB」の3つのモデルを新たに加えることにしました。

──実際にケースを選ぶ際は、どういった行程で行なわれるのでしょうか?

西川氏:ケースを何種類かリストアップしまして、社内でコンペのようなものを行ないました。その結果、先ほどの3モデルが残ったのですがメンテナンス性、ケーブルの取りまわしのし易さといった理由から、TUF Gaming GT501 ホワイトが社内では一番人気が高ったですね。

──なるほど。今回のZEFT RL31ARGBは、そのうちのTG5 PRO-RGBを採用したモデルということですね。

中嶋氏:はい。以前、弊社では定期的にSharkoonさんのLEDが光るケースを取り扱っていたのですが、その後も光るモデルは多く登場していまして、BTOで選ぶことのできるモデルも刷新が必要だと考えました。

西川氏:このTG5 PRO-RGBは、サイズもさほど大き過ぎず、拡張性とエアフローに優れています。アドレサブルRGBへの対応もしっかりされている扱いやすいケースです。

サイドパネルを外して内部を確認した様子

天板の前方にはヘッドフォン出力とマイク入力に加えて、USB 2.0とUSB 3.0が2基ずつ用意されている

こちらは背面の様子。Wi-Fi 6に対応したアンテナ端子も見える

──何かラインアップを見直す切っ掛けみたいなものはあったのでしょうか?

中嶋氏:弊社で取り扱っているケースの種類は非常に多く、電源ユニットや簡易水冷クーラーなど、組み合わせにより搭載できるかどうかを検証するには、かなり時間を要します。そんな中、インテルとAMDともに最上位モデルは、空冷ではなく簡易水冷クーラーが推奨となってきていまして、360mmサイズのラジエーターが問題なく搭載できるかどうかを見直す必要があると感じました。

 さらに、古い規格のケースですとUSB Type-Cが用意されていないものもあり、マザーボードにはUSB Type-Cが実装されているのにそれが使えないという状況も起こり得ました。そこで、ケースのラインアップを刷新することになったというわけです。

360mmサイズのラジエーターが搭載できるかどうかは、ケース選びの1つのポイントだと語る中嶋 孝昌氏

──今回は5インチベイがないタイプを選んでいるということですが、御社の製品というと光学式ドライブを搭載していることが1つのこだわりのように感じていたのですが、わざわざ5インチベイレスのモデルを選択した理由を教えてください。

西川氏:理由の1つは時代の流れですね。OSのインストールと初期設定の際しか光学式ドライブを使わないという方も多いので、今回は5インチベイに光学式ドライブを内蔵するという点には重点を置きませんでした。ただ、それでも光学ドライブを必要とする方がいらっしゃいますので、ZEFT RL31ARGBに関しては、USBの外付けドライブを用意しています。もちろん、BTOで外付けドライブを省略することも可能です。

──今回のZEFT RL31ARGBで苦労した点はありますか?

中嶋氏:以前LEDが派手なパソコンを組み上げたときは、光るパーツを集めるのが大変でしたが、今回は比較的容易に集まりました。やはり、ゲーミングで光ることが1つのトレンドになっており、対応したパーツも増えているためでしょう。

西川氏:以前のモデルは、アドレサブルRGBに対応していないパーツもありまして、組み上げるのが大変でした。ですが、今回のZEFT RL31ARGBは、アドレサブルRGBで統一されていますので、本機を組み上げるのはそれほど苦労しませんでした。

今回のZEFT RL31ARGBは、前回の光るPCほど大変ではなかったと語る西川氏(写真左)と中嶋氏(写真右)

──若い人と年輩の方でLEDを光らせることに関して何か傾向の違いは感じますか?

西川氏:比較的年輩の方は、LEDが光らず落ち着いた感じで、代わりに静音性が高いもの、静音志向が強いものを好まれる傾向がありますね。一方、若い方はストレージの増設といったことはあまり考えていないようで、LEDが派手に光るものを好まれます。これは、おそらくですが、若い方の感覚では、ゲーミングといえばLEDが光っているのが普通で、それをあまり派手と感じていないのではないでしょうか。

──ちなみに御社は現在、何種類のケースを取り扱っているのでしょうか?

西川氏:30種類ぐらいですね。

中嶋氏:お客様の中には「このケースの白いモデルはないのですか?」や「このモデルは取り扱わないのですか?」といった問い合わせもメールでいただくことがあります。それだけ、弊社が多くのケースを取り扱っていることが、認知されてきたのかと喜ばしい点でもあります。

カテゴリートップへ