前へ 1 2 3 次へ

Googleフォト有料化、カードスロット廃止で行き場を失ったデータをどうするか、Galaxy S21 Ultra 5Gで検証

スマホで肥大化する大容量データを外付けSSDに逃がすのが思いのほか便利だった件

文●平澤 寿康 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

外付けSSDならmicroSDカードより5倍高速

 では、外付けSSDのT7 Touchを利用した場合の転送時間はどうか。その結果は下に示したとおりで、転送時間は約35秒と、比較的高速なmicroSDカードであるEVO Plus 512GBの1/5ほどの短時間で転送が完了している。

容量約11.3GBの8K動画ファイル転送時間を3回計測 (←fast)

 転送速度としてはおよそ320MB/sほど。T7 Touchが持つ最大限の速度が発揮されているわけではないが、接続インターフェースがUSB 3.0であることを考えると、申し分ない速度が引き出せている。これだけ短時間で大容量の動画データを転送できれば、転送待ちでイライラすることもないはずだ。

 なお余談になるが、USB 2.0のケーブルで接続してしまうと30~40MB/s程度の速度しか出ないので、T7 Touch同梱のUSB 3.2 Gen2対応のケーブルを使おう。

容量約11.3GBの8K動画ファイル転送時間の平均値。T7 Touchの速さが圧倒的なのが一目瞭然

スマートフォンの動画を転送するなら外付けSSDで決まり!

 今回見てきたように、スマートフォンでも外付けSSDは高速な外部ストレージとして有効に活用できることが分かってもらえたと思う。特に、スマートフォンで動画を撮影する機会が多いという人にとっては、撮影した動画データを素早く転送できるという点が非常に大きな魅力となるはずだ。なにより、PCで転送したデータを活用する場合でも、SSDなら保存データに高速アクセスできることで、編集作業なども快適に行なえる。

 確かに、外付けSSDはmicroSDカードやUSBメモリーに比べるとやや高価な場合が多い。とはいえ、速度は圧倒的で、そのコスト差を補ってあまりあるほどのメリットがある。そういった意味では、microSDカードが利用できるスマートフォンでも、外付けSSDの利用を視野に入れてもいいほどだ。そのため、スマートフォンで動画を撮影しつつ、ストレージ不足や、撮影動画の転送に時間がかかる点を気にしているなら、外付けSSDの活用を強くお勧めしたい。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月