このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第685回

メモリ16GBあるけど:

アップル新型「iPad Pro」アプリ1つのメモリ利用量は最大5GBに制限されている?

2021年06月09日 17時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが5月21日に発売した12.9インチiPad Pro(第5世代)の上位モデルはメモリを16GB搭載しているものの、1アプリあたりのメモリ利用量は最大5GBまでに制限されていることがわかった。

 これはイラスト制作アプリ「Artstudio Pro」作者が5月28日に掲示板に投稿した内容からわかったもので、5GB以上のメモリを割り当てるとアプリがクラッシュする問題が起きるという。

 また、イラスト制作アプリ「Procreate」公式アカウントも、8GB、または16GBのメモリが搭載されていても利用できるメモリ量には制限があるとTwitterで明かしていた。

 12.9インチiPad Pro(第5世代)の1TB、または2TBモデルにはメモリが下位モデルの倍となる16GBが搭載されているものの、すべてを1つのアプリで利用することはいまのところできないようだ。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中