このページの本文へ

LVC、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内でNFTの取引ができる「NFTマーケット」を提供予定

2021年06月09日 12時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LVCは6月9日、LINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTの取引ができる「NFTマーケット」の提供を予定していることを発表した。

 NFTは、「Non-Fungible Token」の略称で、「非代替性トークン」と訳される。ブロックチェーン上で発行された唯一無二で代替不可能なデジタルトークンで、デジタルアイテムやコンテンツの固有性や保有していることを証明できることから、アートやエンターテイメントなど様々な分野で注目されている。

 LINEでは、NFTを発行・保有するサービスを提供してきたが、この度LINE BITMAX Wallet内のサービスとして、NFTマーケットを提供予定。LINE Blockchain上で発行されたNFTの二次流通市場を構築することで、ユーザー間での取引の中でNFTの付加価値が高まっていく場を提供することで、エコシステム内で流通する価値の最大化を目指していくとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン