前へ 1 2 3 次へ

COMPUTEX TAIPEI Virtual 2021に合わせてオンラインで発表会を開催

MSI、ハイエンドビデオカード「SUPRIM」やゲーム向けイヤホン「GH62」を発表

文●貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは6月1日、COMPUTEX TAIPEI Virtual 2021の期間に合わせて、オンラインで新製品発表会を開催。複数の新製品を発表した。

第11世代のインテルCore Hプロセッサーと
GeForce RTX30シリーズを搭載する新型ノートPC

Creator Z16

 はじめに同社は、「GE76 Raider」や「GS66 Stealth」など、第11世代のインテルCore HプロセッサーとGeForce RTX30シリーズを搭載した既発表済みのノートPCを改めて紹介。

GE76 Raider

 クリエイター向けのノートPC「Creator Z16」が16:10のアスペクト比を採用し、従来モデルに比べて作業領域が11%向上している点など、いくつかの注目ポイントに触れた。

GS66 Stealthなど、先月発表した製品も合わせて紹介した

 同社の新型ノートPCの各モデルの仕様と詳細については、5月の発表会の模様をレポートにまとめているので、合わせて参照してほしい。

ハイエンドビデオカードSUPRIMシリーズの新モデル

SUPRIM Series

 続いて同社が発表したのは、「SUPRIM」シリーズのビデオカードの新製品だ。

SUPRIM Series

 SUPRIMは同社がハイエンドに位置付けるビデオカードで、GeForce RTX 30シリーズを搭載する。「TORX FAN 4.0」と呼ばれるファンと、効率的なエアフローを実現する同社の特許技術「Airflow Control」の採用、精密加工し、GPUとの設置面積を最大化したヒートパイプなどにより、高い冷却性能を実現するという。

 GeForce RTX 3070、GeForce RTX 3070 Ti、GeForce RTX 3080、GeForce RTX 3080 Ti、GeForce RTX 3090モデルが用意される予定だ。

SUPRIM 35th Anniversary Limited Edition

 同社の35周年を記念し、特別なデザインを採用した「SUPRIM 35th Anniversary Limited Edition」も用意される。

SPATIUM M480 PCIe 4.0 NVMe M.2 2TB HS

 また、最大7000MB/秒の転送速度をほこるSSD「SPATIUM M480 PCIe 4.0 NVMe M.2 2TB HS」も発表された。

 特徴的な形状を持つヒートシンクは、負荷が最大になった際の温度を最大で20度下げられる性能を持ち、サーマルスロットリング(高音になり過ぎた際に、転送性能を抑制し、過加熱を防止する技術)を防ぐという。

前へ 1 2 3 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月