このページの本文へ

Nubiaのゲーミングスマホ「RedMagic 6」が日本語サポート付きで販売開始

2021年04月08日 08時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZTE傘下のNubia Technologyが3月に発表した新ゲーミングスマホ「RedMagic 6」「RedMagic 6 Pro」。Nubiaと国内独占代理販売契約を結んだNLNテクノロジーが、この両モデルについて、日本語サポートを担当するとともに、日本国内で販売開始すると発表した。販売はRedMagicの日本語公式ページのほか、AmazonなどのECサイトでの予定もあるとしている。発売は4月22日で、予約受付は4月15日から。価格(税込)はそれぞれ10万3385円と11万4885円(サイト上では899ドルと999ドルの表示)。

RedMagic 6

 RedMagicシリーズについては、「RedMagic 5」「RedMagic 5S」が海外からの直販という形ながら、技適を取得した上で、日本国内向けに提供されてきた。

 最新モデルのRedMagic 6/6 Proでは、Snapdragon 888 5Gを採用したほか、6.8型有機ELディスプレーはリフレッシュレートが165Hzまで進化。このディスプレーは、利用状況に合わせてレートを自動調整することにより、バッテリー消費の面でも最適化されているという。

RedMagic 6 Pro

 また、CPUの冷却性能も強化。RedMagic 5に続いて端末内に内蔵されている空冷ファンは、20000rpmの最大回転数とデザインの改善で、CPUコアの温度を最大16度下げることができるという。また、背面にはアルミニウム合金を用いることで、プレイ時の体幹での温度も3~5度低下するとしている。さらにオプションでクーラーも追加可能となっている。

 RedMagic 6とRedMagic 6 Proの主な違いはメモリーとストレージで、LPDDR4xのメモリーは前者が12GB、後者が16GB。UFS 3.1のストレージは同じく128GBと256GBとなっている。カメラは1/1.97型で64メガのサムスン「S5KGW3」をメインに、8メガの超広角、2メガのマクロの組み合わせ。バッテリー容量は5050mAh、OSはAndroid 11ベースの「RedMagic OS 4.0」。

  RedMagic 6 RedMagic 6 Pro
メーカー Nubia Technology
ディスプレー 6.8型有機EL(20:9)
最大165Hzリフレッシュレート対応
画面解像度 1080×2400
サイズ 77.19×169.86×9.7mm
重量 220g
CPU Snapdragon 888 5G
最大2.84GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 12GB 16GB
内蔵ストレージ 128GB 256GB
OS Android 11(RedMagic OS 4.0)
対応バンド 5G NR:n41/n78
LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17
/18/19/20/26/28/66/34/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/9/19
4バンドGSM
無線LAN Wi-Fi 6E(2×2 MIMO)
カメラ アウト:64メガ+8メガ(超広角)
+2メガ(マクロ)/イン:8メガ
バッテリー容量 5050mAh(最大66W対応)
生体認証 ○(指紋、顔)
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
イヤホン端子
カラバリ エクリプスブラック ムーンシルバー

国内取扱元から日本での購入時の価格情報が公表されたので、金額表記を変更しています。(4/8 16:00)


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン