前へ 1 2 次へ

4096段階の筆圧感知に対応。4月8日から順次発売予定

MSIが変形タイプのペン付き13.4型ビジネスノート「Summit E13 Flip Evo」発表

文●貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Summit E13 Flip Evo(インクブラック)

MSI、ディスプレーが360度展開する13.4型ビジネスノートPC

 エムエスアイコンピュータージャパンは4月1日、13.4型ビジネスノートPC「Summit E13 Flip Evo」を発表した。

 MSIのノートPCとして、はじめて360度展開できるタッチ対応ディスプレーを搭載。「書く、描く、働くを自由にする」をコンセプトとしたモデル。インテル Evoプラットフォームに準拠し、デスクトップPCに匹敵する高い処理性能をそなえるという。

 アスペクト比16:10、解像度1920×1200ドットのWUXGA液晶パネルを採用(Golden Ratio ディスプレイ)。広い作業領域や、黄金比に基づく外観の美しさを実現している。

アスペクト比16:10、解像度1920×1200ドットのWUXGA液晶パネルを採用。360度展開できる

 電子メモとしての使用や、イラスト制作、グラフィックデザインにも活用できる独自開発のアクティブスタイラス「MSI Pen」が標準で付属する。最大166度の傾斜角と4096段階の筆圧感度に対応し、線の太さや強弱、濃淡など、正確で繊細な表現に対応。本物のペンのような書き心地を実現している。

 内部にはマグネットを内蔵し、ノートPCの左側面に固定して携帯できる。Summit E13 Flip EvoとのBluetooth接続で、ワンタッチでの任意のアプリケーションの起動や、サイドボタンでの消しゴム機能、ダブルクリック機能も使用できる。MSI Penは単体でも購入でき、実売価格は1万2000円前後になる見込み。

4096段階の筆圧感知に対応するアクティブスタイラス「MSI Pen」が付属する

 厚みが14.9mm、重量が1.35Kgと携帯にも向いたサイズで、最大18時間(JEITA 2.0基準)の駆動に対応する大容量バッテリーを搭載。そのほか、マイク内蔵ウェブカメラや、Wi-Fi 6Eの無線LAN規格、顔認証、指紋認証など、テレワークでの利用にも向いた仕様をそなえる。HDDやDVD ドライブを搭載しないため、携帯時の振動や衝撃による故障リスクを低減するほか、アメリカのMIL規格「MIL-STD-810G」に準拠した堅牢性もそなえる。

アメリカのMIL規格「MIL- STD 810G」に準拠した堅牢性も特徴のひとつ

 インターフェースとしてThunderbolt 4(Type-C/USB 4、USB Power Delivery対応)×2、USB 3.2 Gen2(Type-C)×1、USB 3.2 Gen1(Type-A)×1、音声入出力端子(3.5mmミニジャック)×1を搭載。また、microSDXCスロットも搭載する。

Summit E13 Flip Evo(ピュアホワイト)

 サイズはおよそ幅300.2×奥行き222.25×高さ14.9mmで、重量はおよそ1.35Kg。

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月