このページの本文へ

共通仕様の一部はJASOの「TP21003」に準拠

電動二輪車の交換式バッテリー標準化に合意 ホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハの4社

2021年03月26日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本田技研工業、川崎重工、スズキ、ヤマハ発動機の4社が発足した「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」は3月26日、日本での電動二輪車普及に向けて、相互利用を可能にする交換式バッテリーとバッテリー交換システムの標準化(共通仕様)に合意したと発表した。

 電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアムは、日本国内における電動二輪車の普及を目的として2019年4月に発足。より環境にやさしく利便性の高いモビリティーとしての電動二輪車普及の課題である、航続距離や充電時間への解決手法のひとつとして、共通利用を目的とした交換式バッテリーとそのバッテリー交換システムの標準化検討を進めてきた。

 今回合意した共通仕様の一部は、3月19日に発行された、自動車技術会規格(JASO)のテクニカルペ-パー「TP21003」に準拠する。今後は、この共通仕様を前提にした交換式バッテリーを相互に利用する技術的検証(規格化)を進めるとのこと。また、グローバルにおいても、カーボンニュートラル社会の実現に向けたモビリティーの電動化需要が高まっていることから、日本自動車工業会とも連携し、国際的な相互利用(国際標準化)についても働きかけるとしている。

 また、交換式バッテリーの相互利用による利便性や有効性については、2020年から日本自動車工業会、大阪府、国立大学法人 大阪大学の3者で実施している、電動二輪車普及のための実証実験「eやんOSAKA」とも協力し、具体的に検証を進めているとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン