CPUはSnapdragon 730Gを採用

ビジネスやイラスト制作などの用途で大活躍! 有機EL&11.5型タブレット<LAVIE T1195/BAS>でプレミアムなひと時を

貝塚/ASCII 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NECパーソナルコンピュータが販売している11.5型タブレット<LAVIE T1195/BAS>

 <LAVIE T11>は、NECパーソナルコンピュータが販売しているタブレットシリーズだ。プレミアムとうたうだけあって、性能とデザインの両面にこだわっており、ひと目見るだけで高級機とわかる存在感を持っている。

 バリエーション展開も面白く、OSはAndroid 10で共通しているものの、Snapdragon 730G、6GBメモリーを搭載する11.5型タブレット<LAVIE T1195/BAS>と、Snapdragon 662、4GBメモリーを搭載する11型タブレット<LAVIE T1175/BAS>が、いずれも<LAVIE T11>シリーズにラインアップ。また、前者は有機ELパネルを、後者はIPSパネルを搭載している点も特色だ。

試用機の主なスペック
機種名 LAVIE T1195/BAS
CPU Qualcomm Snapdragon 730G(2.2GHz)、8コア
メモリー 6GB
ストレージ 128GB(UFS)
ディスプレー 11.5型ワイド(2560×1600ドット)、有機EL
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
カメラ(フロント) 有効画素数約800万画素、カラーCMOSカメラ、固定フォーカス+有効画素数約800万画素、IR CMOSカメラ、固定フォーカス
カメラ(リア) 有効画素数約1300万画素、カラーCMOSカメラ、オートフォーカス+有効画素数約500万画素、カラーCMOSカメラ、固定フォーカス
インターフェース USB Type-C 3.1(Gen1)、microSDカードスロット
サイズ/重量 およそ幅264.3×奥行171.4×高さ5.8mm/約485g
プラットフォーム Android 10

ハイエンドなオーディオビジュアル性能

有機ELディスプレーは自然な色味ながら、ほどよくビビッドさも感じられる調色で、映画や動画の鑑賞が楽しい

 <LAVIE T1195/BAS>の特徴のひとつが、優れたオーディオビジュアル性能だ。音響面では、スピーカーを4基搭載し、Dolby Atmosに対応する。「どのような置き方や持ち方をしても音が聞こえる」のが特徴で、デスクにおいて覗き込んでも、寝転んで頭上に掲げても、いつでも優れた音質が楽しめる。

 ディスプレーは2560×1600ドットの有機ELパネルを搭載。サイズは11.5型なので、画素密度換算では263ppiとなり、かなり精細な印象だ。色味は基本的にナチュラルだが、映像によっては、ほどよくビビッドで発色のよい印象もあり、映像コンテンツの鑑賞などは非常に楽しい。また、ハイダイナミックレンジ規格は「HDR 10」に対応している。

<LAVIE T1195/BA>はスピーカーを4基搭載している。また、指紋認証に対応した電源ボタンを備える

 スピーカー、ディスプレーともに、動画配信サービスのアプリをインストールして、どんどん映像コンテンツを楽しみたくなる仕様だ。

アルミニウム筐体の上質なデザイン

エッジ部分のダイヤモンドカットが美しい

 人によっては、何よりもの魅力となりそうなのが、<LAVIE T1195/BAS>の優れたデザイン性だ。筐体はアルミニウム製で、さまざまな角度から観察して、歪みがない。エッジの切り立った鋭い感じや、ダイヤモンドカットのきらめきなども合わせて、細かな部分に気を配ってデザインされたことが伝わってくる。触ったときに、物としての上質感が感じられるのだ。また、微妙にカメラ側のカラーを切り替えていることも、ほどよいアクセントになっている。

直線的で、エッジの鋭さがソリッド感を演出している

 アンテナの感度を確保するためか、背面の一部には樹脂製のパーツも使われているが、アルミニウムと一体化したモールド設計になっている。段差はなく、手触りは滑らかだ。狭いベゼルもトレンドを押さえていて、11.5型というディスプレーサイズの割には、大きさを感じない(実寸はおよそ幅264.3×奥行171.4×高さ5.8mm/約485g)。長年、愛着を持って使えそうなAndroidタブレットに仕上がっているので、持ち物にこだわる人にこそ、ぜひ触ってほしい製品だ。

さまざまな用途に合わせられる柔軟性

オプションのデジタルペン(PC-AC-AD022C)は4096段階の筆圧感知に対応

 ここまでの特徴をまとめれば、<LAVIE T1195/BA>を映像コンテンツの鑑賞やゲーム用の端末として使いたくなるところだが、さらに大きな<LAVIE T1195/BA>の魅力は、オプションとの組み合わせで、さまざまな使い方に対応できる点にある。

 オプションのデジタルペン(PC-AC-AD022C)は、4096段階の筆圧感知に対応している。ペンタブレット相当のイラスト制作などが、モバイル環境で実現できてしまうのだ(漫画家によるイラスト制作の様子も、合わせて参考にしてほしい)。

スタンドカバー付きキーボード(PC-AC-AD020C)はファブリック調のデザイン

 また、スタンドカバー付きキーボード(PC-AC-AD020C)をドッキングすれば、ノートパソコンライクな使い方もできる。

 2020年にマイクロソフトがリリースしたタブレットやスマートフォン向けOfficeアプリ「Microsoft Office」は、Word、Excel、PowerPointがひとつのアプリにまとまり、かつモバイル向けに最適化されている。当然、本機がプリインストールするAndroid 10でも利用可能だ。こうしたアプリとスタンドカバー付きキーボードを組み合わせれば、<LAVIE T1195/BA>でノートパソコンに近い生産性が実現できそうだ。

※ドキュメントの作成や編集を行うには、Microsoft 365 サブスクリプション(有料)の契約が必要となります。

ノートパソコンライクな使い方も可能だ

いま買いたいAndroidタブレットの傑作!

 Androidタブレットというジャンルは、それほど名の知られていないメーカーのものも含めると、まさに数えきれないほどリリースされていて、その品質や性能は"(表現は悪いが)玉石混交"ともいえる。その中で、気に入った製品を見つけるのは、なかなか簡単にはいかないことも多いだろう。

 一方、<LAVIE T11>シリーズは、国産メーカーがこだわりを持って作ったことが感じられ、エンターテインメントやビジネスに、積極的に使いたくなる魅力を持っている。ほかのAndroidタブレットと比較すれば価格帯的には高めだが、高品質なAndroidタブレットを現行製品から選ぼうと思うなら、見逃せない製品だ。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月