このページの本文へ

カードサイズのSIMフリーケータイがVoLTE対応! 「Niche Phone-S+」がMAKUAKEで先行販売

2021年03月03日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニッチながらも欲しい人は確実に存在する通話特化の携帯電話。そんななかでもフィーチャーモデルのカード型ケータイ「NichePhone」シリーズは、3G対応の「NichePhone-S」、4Gデータ通信に対応し、テザリングで活用できる「NichePhone-S 4G」とリリースされてきたが、第3弾となる新モデル「NichePhone-S+」が登場。ついにVoLTEに対応した(ドコモ/ソフトバンク回線で利用可能)。

 今日3日から、クラウドファンディングサイトの「MAKUAKE」で先行販売を開始(4月18日まで。5月出荷予定)。正規価格は1万5800円だが、先着での早割(1万400円~)、さらに通常モデルのブラックとともに、MAKUAKEでの特別色として「レッド」も用意される(https://www.makuake.com/project/nichephone_s_plus/)。

 本体サイズ/重量は、約90×50×9.5mm/約52gと、NichePhone-S 4Gから変わらず。バッテリー容量は1000mAh(microUSBを経由して、専用マグネット端子で充電する)。0.96型モノクロのディスプレーを搭載し、約110時間の連続待受と約3時間の連続通話が可能。対応バンドは、LTEが1/3/8/19、W-CDMAが1/6/8、4バンドGSM。

 端末の機能としては、VoLTEによる高音質通話のほか、プレフィックス番号の追加機能、4Gのデータ通信によるテザリング機能、ICレコーダー機能、Bluetoothヘッドセットでの通話、本体内蔵ストレージに保存したMP3データのBluetooth経由での再生なども備えている。

 

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン