このページの本文へ

「J:COM MOBILE」は新プランで大幅値下げ 中古iPhoneや学割、シニア割も用意

2021年01月28日 17時45分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ケーブルテレビ/ネットで知られるジュピターテレコム(J:COM)が展開するモバイルサービス「J:COM MOBILE」は、従来から大幅に値下げした新プラン「J:COM MOBILE A プラン スタンダード」を2月18日に開始すると発表した。

5GBプランで月1480円、10GBプランで月1980円と大幅に値下げしたJ:COM MOBILE

10GBプランが月1980円から
au認定中古品のiPhoneも格安で販売

 J:COM MOBILEはauのMVNOとして、当初はJ:COM加入者向けに展開していたが、昨年9月にウェブでの申し込みも可能に。J:COMサービスエリアを中心に訪問や店頭を含む、手厚いサポートもアピールポイントとしている。

 昨年9月の発表時には、iPhone SEを実質0円で販売することも話題になったが、その後、総務省はJ:COM MOBILEを実際に提供するJ:COM傘下の地域会社をKDDIの特定関係法人に指定する方針を示しており(ジュピターテレコムはKDDIと住友商事の子会社)、今回はあらためて端末と契約を完全分離した新プランを展開することになる(契約期間や契約解除料も無しに)。

分離型プランへと移行した

 実際の料金は、1GBプランが月980円(以下、すべて税抜)、5GBプランが月1480円、10GBプランが月1980円、20GBプランが月2480円と、大幅に値下げ。また、10/20GBプランは超過後の通信速度も最大1Mbpsとなっている。通話定額については1回5分までが月500円(5/31までの申込時)、追加チャージも1GBあたり300円とこちらも値下げしている。

プランは4つで料金は上記表のとおり

 さらに、スタート割として、10GBプランと20GBプランは契約から12ヵ月、それぞれ月400円と月500円を割引、26歳以下が適用される「U26学割」、J:COMのメインユーザー層である60歳以上のシニア向けには「シニア60割」も用意する。

契約から1年は割引も発生

iPhone SEの実質0円は無くなったが、10GBプランでは今回の値下げで実際の支払い額は逆に下がっている点をアピール

26歳以下で適用される「U26学割」。対象ユーザーが1人でもいれば、同居の家族も対象に

60歳以上のシニア向けのサービスも

 なお、ネットワーク品質については、基本的にはau MVNOとして提供しているサービスなので、昼休みなどの混雑時にはMNOよりは若干速度が低下することもあるとしている。

 端末はこれまでと同様にiPhone SEのほか、au認定中古品のiPhone XR/XS/XS Maxも用意される。Androidでは、エントリークラスでおサイフケータイや防水にも対応した「Galaxy A21」が追加された。

中古iPhoneを用意。J:COM MOBILE独自の端末保証サービスも用意されている

Galaxy A21も追加

 J:COM MOBILEでは単にモバイルサービスだけを販売するのではなく、テレビ/ネットサービスを統合していく。具体的には、1月25日にリリースされたスマホアプリ「MY J:COM」で、モバイルサービスの設定や料金確認はもちろん、テレビの録画予約、リモートでの視聴などにも対応。これからも地域やユーザーに近いサービスを目指していくとした。

J:COMサービスエリア内では初期設定の訪問サポートも無料で提供する

テレビを始め、ネット、電話、電力、保険などJ:COMのサービスをシームレスに使える形を目指している

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン