このページの本文へ

屋外から屋内へ効率的にミリ波を誘導

メタサーフェス技術により窓ガラスの電波レンズ化に成功、NTTドコモとAGC

2021年01月27日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモとAGCは1月26日、メタサーフェス技術を駆使して開発した「メタサーフェスレンズ」を用いることで窓ガラスを通るミリ波を屋内の特定の場所に集め、屋内での受信電力を向上させる実証実験に成功したことを発表。

加工前

加工後

 今回開発した28GHz帯向けメタサーフェスレンズは、メタサーフェス基板上の小さな素子に複数の形状を持たせ、適切に配置することで窓ガラスを通るミリ波を屋内の特定の場所に集めることができるレンズとのこと。また、メタサーフェスレンズは、LTEやsub-6帯等の他の周波数に影響を与えないように設計されており、他の帯域と並行してミリ波のエリア改善が可能になる。

コンセプト

イメージ図

 本実証実験で使用したメタサーフェスレンズは、2月4日~2月7日までオンラインで開催するドコモのイベント「docomo Open House 2021」で、閲覧できるとのこと。

 ドコモとAGCは今後も5G evolutionや6Gの効率的かつ柔軟なエリア構築手法の確立をめざし研究・開発に取り組んでいくとした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン