このページの本文へ

自主制作のカレンダーや雑誌を簡単に作成・販売できる「Publy」開始

2021年01月22日 17時59分更新

文● Javasparrow株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Javasparrow株式会社
在庫を持たずTwitterに投稿するだけで作品を販売。売上はAmazonギフト券で支払い

Javasparrow株式会社(読み:ジャバスパロウ、本社:東京都千代田区、代表取締役:稲田祐介・國舛等志)は、オリジナルのカレンダーや雑誌を簡単に作成して販売できるサービス「Publy(読み:パブリー)」を1月22日に開始しました


Publyは、自分で撮影した写真や描いたイラストで作成した作品を手軽にインターネットで販売できるサービスです。商品の製造から発送はPublyが行うため在庫を持つ必要がなく、販売URLをTwitterに投稿するだけですぐにオリジナル作品を販売できます。作成できる作品はカレンダーと雑誌の2種類で、スマートフォンやパソコンから写真を選択するだけの簡単操作で作成できます。
トップページ
プロダクトイメージ

カレンダーは1カ月分の卓上カレンダーで、カレンダー部分は標準で用意している画像だけでなく自分で作った画像を設定することも可能です。雑誌は表紙と裏表紙を含み全12ページで、カレンダー、雑誌共に画像のトリミングや回転といった編集機能を利用できます。


販売した作品はクレジットカードに加えて、Shop Pay、Google Pay、Amaozon Pay、PayPalといった決済方法での購入が可能です。売上はAmazonギフト券での支払いとなり、販売者は原材料費と手数料を引いた額を受け取ることができます※。
※原材料費および手数料は販売する作品や金額によって変動します。販売価格が1,000円の場合、原材料費と手数料を引いた売上はカレンダーが688円、雑誌が511円です。

作品作成ページ
実際にツイートした時に表示される Twitterカードのイメージ

サービス開発の経緯
SNSの普及によって、個人が誰でも簡単に自分で作った作品を発表できるようになり、さまざまなクリエイターが自分で描いたイラストや、自撮りした作品をWebで公開しています。こうした熱量溢れる作品をWebに留まらず自分の作品として出版できるサービスとしてPublyは生まれました。
写真をアップして投稿するだけというSNSの手軽さはそのままに、簡単な操作で自分だけのオリジナル作品を出版できるだけでなく、商品の製造や発送をPublyが行うことで、在庫リスクも不要です。売上の支払いはAmazonポイントを利用することで、銀行口座の登録と言った手間を省略し、手軽に報酬を受け取ることができます。Publyは、SNSのような手軽な感覚で自分の作品を発表して販売できる場として、さまざまなクリエイターが自分の表現を発信できる場を目指します。

Javasparrow株式会社について
Web/アプリからハードウェアまで、一貫して行うエンジニアとデザイナーのユニットです。 「てあと」「なじむ」「つながり」のテーマのもと、 自社製品の開発・販売を行う一方で、ベンチャーやメーカー企業との受託や協業開発を行います。

会社Web:
https://www.javasparrow.tokyo/
Publy:
https://publy.fun/
お問い合わせ:
https://www.javasparrow.tokyo/contact
プレスキット:
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/presskit.javasparrow.tokyo/PressKit_Publy_20210122.zip
※画像素材を上記 URL にて配布しております。ご自由にお使いください。

Publy Twitter公式アカウント:
https://twitter.com/publyfun
Publy マシュマロ公式アカウント
https://marshmallow-qa.com/publyfun

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン