このページの本文へ

【新サービス】3Dインテリア シミュレーション サービス

2021年01月22日 13時16分更新

文● URBANBASE株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

URBANBASE株式会社
Urbanbase Studio

インテリア・不動産業界向けVR AR AIソリューション提供企業のURBANBASE株式会社が、インテリアメーカ向けの3Dシミュレーションサービスを販売開始しました。SaaS形式での提供で短期間に利用開始できます。ブラウザから簡単に図面の作図ができ、3D空間上に家具・インテリア雑貨などをサクサク配置し、コーディネート可能です。驚くほど高性能で、ユーザがワクワクしながら操作できるユーザ体験を提供します。ソフトバンクとSBクラウドとも再販パートナ契約を結んでおり、オンライン販売支援ソリューションとして両社からも販売しております。


各位
《2021年1月22日》
《URBANBASE株式会社》

3Dインテリア シミュレーション サービス
「Urbanbase Studio」を発売開始

URBANBASE株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野将弘)は、3D空間上でのインテリア・シミレーション サービス「Urbanbase Studio」を2021年1月22日より販売開始することを発表いたします。
【URL】 https://studio.urbanbase.co.jp/




Urbanbase Studioの特徴
Urbanbase Studioはインテリア業界向けの3Dシミュレーションサービスです。
家具メーカの店舗や一般ユーザが、オンラインで家具・家電などの3D商品モデルを
配置、シミュレーション、ウォークスルーすることができます。


1.LiveSketch - 誰でも簡単に3D図面作成
2.HomeDesign - 最先端3Dインテリア シミュレーター
3.ウォークスルー - 家具を配置した3D空間をウォークスルー、サイズ感・圧迫感を確認
4.VR/ARアプリ - モバイルアプリでのVR/AR家具シミュレーションへの拡張も可能
5.リフォーム – 間取りを自由に変更

【Urbanbase Studioのサービス概要】
初期設定費用とアカウントごとの月額課金で利用できるSaaS形式のサービスです。
短期間で導入でき、1アカウントから利用可能です。

洗練されたUI/UXでWeb UIから誰でも簡単に家の間取り図面を作図し、
瞬時に3D化することができます。壁を描き、ドア・窓を取り付けたら、
ワンクリックで3D化できます。

3D化された空間に、家具・家電・壁紙・床などを、サクサクと配置し、
シミュレーションすることができ、更にその空間をウォークスルー可能。
家具のサイズ感や空間のイメージをVRで体験できます。

販売方法: https://www.urbanbase.co.jp/contactus/
上記サイトより、お問合せ・お申込みください。

また、再販パートナーとして、ソフトバンク株式会社およびSBクラウド株式会社と契約を結んでおり、オンライン販売を支援する法人向けのソリューションの一つとして、両社からもUrbanbase Studioを販売します。

Urbanbaseについて


3D空間に注力したIT企業で、2D図面の画像を瞬時に3D化する独自特許技術を持ち、
不動産向け・インテリア向けの3D空間プラットフォームを提供しています。
VR/AR/AIを活用したアプリケーション開発においても、家具・家電販売事業者での多数の
採用実績があります。

【会社概要】
会社名:URBANBASE株式会社
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-2 3F
代表者:大野将弘
設立:2019年8月
URL:https://www.urbanbase.co.jp/

事業内容:
インテリアと不動産関連の3D空間プラットフォームの企画・開発・運用、
インテリアと不動産関連のVR・AR・AIシステム企画・開発・運用

【本件に関するお問合せ先】
URBANBASE株式会社 広報担当
お問合せ:https://www.urbanbase.co.jp/contactus/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン