このページの本文へ

書いた内容を保存・編集できる専用アプリもリリース

電子メモパッド「ブギーボード」にA6手帳サイズの新モデル

2021年01月07日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キングジムは1月7日、電子メモパッド「Boogie Board(以下、ブギーボード)」の新モデル「ブギーボード BB-14」を発売すると発表した。1月20日から販売を開始する。価格は3520円。本体カラーは、キイロ/ミドリ/ネイビー/クロ/シロの5色展開。

 ブギーボードは、付属のスタイラスや爪などでディスプレーに直接書き込みができ、ボタンひとつで消去ができる電子メモパッド。紙に文字を書くような滑らかな書き心地が特長だ。

 今回発売する新モデルは、A6サイズの手帳と一緒に持ち歩けるコンパクトなモデル。ディスプレーは約6型で、本体サイズ/重さはおよそ幅105×奥行き5.5×148mm/およそ75g。リチウムコイン電池1個で約3万回の書き換えができ、電池交換も可能だ。

 本体裏面にはマグネットを内蔵し、金属製の壁はもちろんデスクや冷蔵庫に貼り付けて使用できる。また、裏面には定規のデザインもレーザー刻印されており、14cm以下のモノのサイズを測ったり、直線を引いたりすることにも活用できる。

 また、キングジムは1月7日から、「ブギーボードに書いた内容を保存したい」というユーザーの声に応え、ブギーボード専用アプリ「Boogie Board SCAN」をApp StoreおよびGoogle Playで無料配信している。対応OSはiOS 12.0以降/Android 7.0以降。

 アプリでは、ブギーボードに書いた内容をスキャンして画像データとして保存可能なほか、編集画面で色をつけたりテキストを加えたりもできる。データ化した画像はフォルダでの管理・共有も可能だ。

 専用アプリは、今回発売する新モデルはもちろん、キングジムで販売しているブギーボード各モデルでも利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン