このページの本文へ

岡山初のエモテットアクション対策パートナーにプラスエスが参画。EmotetやIcedIDの感染を防ぐ無料対策ソフト「エモテットバスター」の導入などを支援。

2021年01月06日 17時00分更新

文● 株式会社TTM

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社TTM
プラスエスがエモテットアクションの対策パートナーに参画

プラスエスが、岡山県のエモテットアクション対策パートナーとして、エモテットバスターの導入支援や、エモテット啓発ポスターの配布を通してEmotetやIcedIDの感染被害を抑制を呼びかけます。


プラスエスは、2021年1月にエモテットアクションの対策パートナーに参画しました。2020年に猛威を振るった「Emotet」や「IcedID」などの新種のマルウェアによる感染被害を抑えるため、企業に呼び掛けや対策支援を行います。

エモテットアクションに参画するパートナーは、Emotet専用の対策ソフト「エモテットバスター」を無料配布することが可能なため、なかなか予算が取りづらい状況でも、対策支援が可能です。


EmotetやIcedIDは、新型コロナウィルスと同様に、感染すると周囲へ再感染しやすいウィルスであり、現在、企業から企業へ感染が拡大しています。また、従来のアンチウィルスソフトでは、防げないことが多く、セキュリティ対策が一定以上行われているはずの大企業での感染も多く確認されています。

エモテットバスターは、マクロ機能を停止することにより、Emotetの侵入を防ぐため、効果的ではありますが、業務にマクロ機能を利用している企業が使うと業務に支障が出るリスクがあります。そこで、対策パートナーとなったプラスエスが、ソフトの導入を支援。

プラスエスは、セキュリティ関連で唯一の国家資格「情報処理安全確保支援士」を保有する大久保茂人氏が中心となり、企業のセキュリティ対策を支援しています。EmotetやIcedID対策以外にも、幅広くご支援可能です。


▼プラスエス(岡山、代表:大久保 茂人)は、様々なIT資産を守るためのセキュリティ対策や仕組みづくり、事故発生時の対処法、更にIT活用による業務改善のプロとして、様々な企業及び個人への情報提供を行っています。
https://pls-s.com/

▼サイバーセキュリティ総研
エモテットアクションを2020年12月に発足。費用がかからないEmotet対策ソフト「エモテットバスター」を開発し配布。日本全体でサイバー攻撃への意識を高めることで、感染被害の防止を呼び掛ける。
https://www.cybersecurity-info.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン