このページの本文へ

教育動画キュレーションアプリ「Liew」提供開始

2021年01月06日 09時00分更新

文● 株式会社Lacicu

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社Lacicu
“映像授業第3世代”を切り拓くエドテック企業の新サービス

学習塾向け教育サービス企画・開発などを行う株式会社Lacicu(本社:東京都新宿区、代表取締役:服部悠太、ラシク)は、2021年1月6日(水)、新規事業となる教育動画キュレーションアプリ「Liew(リュウ)」の提供を開始しましたので、お知らせいたします。



先生が生徒のレベル・目標に合わせてコンテンツを厳選
教育動画キュレーションアプリ「Liew」




Lacicuが新たに開発・提供するサービス「Liew」は、学習塾向けの教育動画キュレーションアプリです。先生が生徒一人ひとりに合わせて教育動画コンテンツを選び出し、生徒はそれらをいかして自分のレベルや目標に合った自習が可能になります。これまでの高額な月謝制や定額サブスクリプション制とは一線を画する新たな映像授業を切り拓く新サービスです。

Liew(リュウ)という名称は、「Link」と「View」を組み合わせた造語です。その名の通り、見る= 閲覧することに特化したサービス。また、先生によって生徒のレベルに合わせて厳選された動画を閲覧できるので、自己“ 流(Liew)” の学びツールと化します。



キュレーション力が切り拓く“映像授業第3世代”
学習コンテンツを最適化する「Liew」





今日、学習ツールとしてスマートフォンは90%以上の学生たちが利用し*¹、スマートフォンで勉強する際、もっとも利用されているサービスはYouTubeと言われています*²。これほどまでに映像授業は学習現場において浸透し、誰もが無料で簡単に知識を得ることが可能になりました。教育動画コンテンツがあふれる時代だからこそ、いま、一人ひとりに合った最適な動画コンテンツの「キュレーション」こそが価値になります。90年代ごろからはじまった映像授業は、第2世代を経て、いま「Liew」によって第3世代へと動き出します。
*1…※MMD 研究所× 株式会社 葵 調べ、*2…スタディプラス株式会社 調べ



「Liew」の主な機能




「Liew」は、QRコードを発行するだけで誰でも簡単に運用することができます。また、生徒の学習をサポートする様々な機能が実装されています。

<主な機能>
コエカケ機能 :Chatbot で自動的にログインしていない生徒にプッシュ通知などを行えます。
マイページ機能:勉強時間の確認/ 教室管理/ 生徒管理ができ、生徒の学習履歴を親も閲覧・管理ができます。
ふせん機能 :生徒自身が動画の重要部分などに付箋を付け、自分だけの学習動画にすることができます。



株式会社Lacicu 代表取締役 服部悠太



上智大学 理工学部卒業。国内最大手のヘッドハンティング会社にて、エージェントとして、企業の経営課題を解決。その後教育業界へ転身し、学習塾向け教育コンテンツの企画、開発を行う。学習塾向けのコンサルタントとして講演にも多数登壇。情報経営イノベーション専門職大学客員教授も務める。


会社概要





会社名 :株式会社Lacicu(カブシキガイシャラシク)
所在地 :東京都新宿区神楽坂3−1 あさひこビル 4階
ホームページ : https://www.lacicu.co.jp
創立年月 :2016年3月
資本金 :1000万円
事業内容 :教育サービスの企画開発/学習塾向けコンサルティング




カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン