このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

色の変更に合わせて、音質からチューニングしなおしたカラバリ機種

finalの完全ワイヤレス「TWS04K-WH」を聴く、ただの色違いだと思っちゃダメ

2020年12月30日 14時30分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内オーディオメーカーのfinalは、完全ワイヤレスイヤホンを“ag”ブランドでリリースしている。その中でも“マニアのサブ機”をうたい、「音質が高い」と話題のモデルが「TWS04K」だ。

TWS04K-WH

 TWS01Kの後継機で、ダイナミック型のシングルドライバーを使用する完全ワイヤレスイヤホンだ。先日12月10日にその新カラーバージョンである「TWS04K-WH」が発売された。このホワイトバージョンを試す機会があったので、5月1日から先行して販売されているブラックバージョンとあわせてレビューした。

先行販売されているTWS04K(ブラック)

 価格は同じ1万5800円だが、ブラックとホワイトはカラーだけでなく、音質チューニングにも違いがあるという。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン