このページの本文へ

プロダクト検索サービス【TECTURE】がバージョンアップ! 絞り込み検索機能などで情報を深掘り、知りたい情報に最速で到達!

2020年12月28日 18時24分更新

文● tecture株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

tecture株式会社
設計士や空間デザイナーらの「こんな機能があったらいい」を叶えた検索サービス【TECTURE】がさらなる進化を遂げる!

住宅やホテルなどの事例写真から、写っている家具や照明器具などの詳細な情報が瞬時にわかる、プロダクト検索サービス【TECTURE】が、絞り込み検索や、ログイン後に利用できる機能などを拡充してバージョンアップ! 建物の用途別の検索や、任意のワードでの複数の検索も可能に。ユーザーが知りたい情報に到達するスピードがさらに上がり、プロダクトリサーチに膨大な時間を費やしていた設計事務所などから圧倒的な支持を得ている利用無料サービスのアップデートです。


「空間デザインの未来をつくる」を創業以来のミッションとして掲げるtecture株式会社(代表取締役社長:山根脩平 東京都渋谷区 以下、tecture)では、主な事業として、空間デザイナー向けのプロダクト検索サービス【TECTURE(読み:テクチャー)】を2020年6月よりインターネット上で公開しています。使用無料のサービスです。




2020年6月30日 tecture プレスリリース
建築・デザイン従事者は必見!写真のピンをタップするだけで建材・家具情報が一目でわかる!次世代型検索サービス【TECTURE(テクチャー)】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000055207.html


当サービスは、設計事務所やデザイン事務所が手がけた住宅やショップなどの内外観の写真を【TECTURE】のウェブサイトにストックし、写っているプロダクトのメーカー名や品番などの情報もあわせて提供するもの。メーカーへの問い合わせも画面からワンストップで行うことができます。

6月のサービス開始時点では、幅広く・数多くの事例写真をストックして、誰でも閲覧できるようにすることを最優先し、機能面の拡充は次なるフェーズとしていました。ローンチから半年の間に、利用する側の視点に立った新しいさまざまな機能を追加、または随時アップデートしています。
さらに、【TECTURE】にユーザー登録し、ログインすることで、より多くの機能が使うことができるようになっています(登録は無料、メールアカウントと任意のユーザー名の2つを登録するのみ)。

検索性を上げる3つのアップデートと、そのほかの機能を以下にまとめました。

【検索性を上げる3つのアップデート】
1. 用途別検索
建物の用途に合わせた検索が可能に

当初は任意のワードによる検索のみであった画面に、住宅、宿泊施設、教育施設、商業施設・店舗、オフィス・企業施設、文化施設、レジャー施設、公共施設、インフラ、宗教施設、仮設建築といった、建物の用途(ビルディングタイプ)別のいわば「見出し」を用意しました。ログイン不要で利用できる機能です。




さらには、住宅の事例であれば、戸建、共同・集合、別荘、その他など事例ごとにを細分化。そのいずれかをタップすれば、設計者や竣工年などを横断して、該当する事例が一覧で表示されます。
ユーザビリティを向上させるとともに、ユーザーの知的欲求を刺激し、誘導するワードもハッシュタグで用意しています。

2. プロダクト検索
プロダクトのみの検索一覧を確認できる

住宅の事例写真1枚をとっても、そこにはさまざまなプロダクトが写り込んでいます。例えば、「黒クロムメッキの水栓金具」が気になり、「水栓 ブラック(または黒)」という2つのワードで検索した結果が下の画像です。
検索結果の一覧は、空間事例の投稿写真を表示する画面と、プロダクト単体の一覧が表示される2パターンの切り替えが可能です。こちらもログイン不要で利用できます。




3. タイムライン検索
フォローしているユーザーの投稿だけを表示する

SNSにある機能のように、ユーザーは、自分以外のユーザー(設計事務所、メーカー、ユーザーなど)をフォローすることができます。そのフォロー先が新たなプロジェクトの写真を【TECTURE】に登録すると、タイムライン上で確認することができます(要ログインの機能)。





【その他のアップデートした機能】
・事例やプロダクトの写真をピックアップしてリスト化できる

気になった写真をフォルダごとにまとめ、リストアップできるようになりました(要ログイン)。リストは公開 / 非公開を設定できます。さらに、tectureがこのあと予定しているアップデートとして、ユーザー自身のFacebookやTwitterでリストをシェアできるようになります。


・アカウントのプロフィールにさまざまな情報を付加できる
アカウントには、ユーザー名だけでなく、自身のSNSへのリンクや、ウェブサイト、メールアドレスなどの情報を付加することができます。多くの人々の目に触れるウェブサイトである【TECTURE】を入り口として、個人・企業を問わず、第三者により深く知ってもらうきっかけをつくります


私たちtectureは、プロダクトデータの検索や閲覧といったシステムを【TECTURE】のサービスとして提供することで、【TECTURE】上で新たな「場」が形成され、「空間デザインの未来をつくる」プラットフォームへと進化していくことを期待し、それが「空間デザインの未来をつくる」ことに寄与すると考えています。

■運営会社
tecture株式会社
所在地:東京都渋谷区上原2丁目47-19 ウエル上原3F
代表取締役社長:山根脩平 | 取締役:谷尻 誠 佐渡島 庸平
URL:https://tecture.jp

■本件に関するお問い合わせ先
tecture株式会社 代表取締役社長:山根脩平
mail:contact@tecture.jp
※弊社へのお問い合わせはメールにてお願いいたします

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン