このページの本文へ

フリーランスの働き方を次の時代にシフトするクローズドコミュニティアプリ「BiSE(バイス)」のホームページを公開

2020年12月27日 12時34分更新

文● 合同会社KBC

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

合同会社KBC
コンサルティングサービスを提供する合同会社KBC(神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2川崎フロンティアビル4階 代表社員 小林慶志郎)は、2020年12月22日に自社開発のスマートフォンアプリのリリースに向けてウェブサイト(https://www.thebise.com)を公開しました。


トップページイメージ
本サービスはフリーランスや個人のスキルを武器に働く人達が、自分の信頼できる仲間や顧客とつながりあうことで、個々人が、前向きな気持ちで、能力を最大限に発揮する環境を作るためのサービスです。自分の好きな人達だけと仕事をすることで「下請けだから」「フリーランスだから」仕方ないと諦めることなく、誰もが働きやすい環境を作っていくことを目的として開発を行っております。(2021年2月リリース予定)

新型コロナウイルスの影響により、多くのフリーランスにとって新しいビジネスパートナーとの接点が少なくなっています。強いつながりを築けていない人は足元を見られて買い叩かれたり、悪意は無くともクライアントの状況によって十分に報酬を得られないケースもあります。
一人で戦うフリーランスが、顧客や仲間を都度選択するというのは、毎回一か八かを繰り返している状況ともいえます。こういった状況だからこそ、一度一緒に仕事をしていたり、信頼できる人からの紹介など、リファレンスの取れる人達とのつながりがますます重要です。
加えて、副業解禁など働き方の多様化は加速していきます。フリーランスが厳しいというイメージの先行は、社会の変化を鈍化させ、日本経済全体の成長を減速させているのではないかと考えています。

これらの状況に対して当社は、フリーランスや個人のスキルを武器に働く人達が働きやすい環境を作るためのサービス開発を行っております。具体的には、フリーランスとして働く個々人が、信頼できるメンバーとつながりあうことで、互いに助け合えるスマートフォンアプリを開発しています。
このサービスを通じて、フリーランスとして働く人が、リスクをヘッジするだけではなく、一人ではできない課題へ立ち向かうなどリスクを取った働き方が可能になります。自分の好きな人や信頼できる人と、有機的にチームを組織して仕事に取り組むことが社会のスタンダードになっていく中で、この変化へ対応するためのサービスとなります。

【会社概要】
合同会社KBC
プロジェクトマネジメントを中心に経営、業務、ITのコンサルティングを行ってきた小林慶志郎(中小企業診断士)が2018年に設立。
数々のクライアント先で仕事との向き合い方に悩む人達に触れ、「働く人達が笑顔で前向きな気持で働ける環境づくり」を目指して、業種業界を問わず、幅広い領域でコンサルティングを行っている。
外部からのコンサルティング支援だけでなく、「働く人の笑顔」に向けてより大きなインパクトを与えるべく、サービス開発に取り組んでいる。フリーランスの働き方の変革を皮切りに、働くすべての人達の働き方、ひいては生き方を次の時代にシフトさせることを目指して、各種サービス提供に取り組んでいる。

【問い合わせ先】
担当:小林
mail:info@kbc-llc.io
住所:〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル4階

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン