このページの本文へ

CENTURY「どっち~もBOX M.2 SATA / NVMe」

SATAとNVMe両対応の外付けSSDケース

2020年12月24日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから、M.2 SATA SSDとM.2 NVMe SSDの両方を使用できる外付けケース「どっち~もBOX M.2 SATA / NVMe」(型番:CM2NVSDBU32C)が発売された。価格は6300円(税抜)。

M.2 SATA SSDとM.2 NVMe SSDの両方を使用できる外付けケース「どっち~もBOX M.2 SATA / NVMe」

 工具不要で簡単に組み込み可能な外付けケース。M.2 SATA SSDとM.2 NVMe SSDの両方に対応するのが特徴で、PCとの接続は最大10Gbps(理論値)の高速転送が可能なUSB3.2 Gen2。Type-C変換コネクター付きType-A⇔Type-C USBケーブルが付属するので両ポートに接続できる。

1台あれば余ったSSDの流用で高速ストレージができ上がり。SSD側のインターフェースを気にしなくていい点はかなり便利だ

 本体サイズは104.5(W)×35(D)×13.5(H)mmで、素材はアルミニウム製。内部の放熱シートと合わせて運用すると発熱を抑えられる。

 販売しているのはパソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中