このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Cognitraxによる実験を実施した

森永製菓がブドウ糖ゼリー飲料の摂取で認知機能向上と発表、受験生にもオススメ?

2021年01月12日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

森永製菓の「inゼリー エネルギー ブドウ糖(ラムネ味)」

ブドウ糖含有ゼリー飲料の単回摂取で、認知機能の向上か

 森永製菓は、さまざまな食品や食品素材の健康機能についての研究を進めている。その中で、ブドウ糖含有ゼリー飲料を単回摂取(1回のみの摂取)することで、認知機能テストの「実行機能」と「運動速度」を改善する効果が見つかったという。

 テスト方法は、20〜39歳の健康な男女16名を対象に、朝食を抜いた状態で、ブドウ糖30gを含有するラムネ風味ゼリー飲料(ブドウ糖含有ゼリー飲料)と、ブドウ糖を抜いたラムネ風味ゼリー飲料(プラセボゼリー飲料)を日を変えて摂取してもらい、それぞれ、摂取の15分後に認知機能を測定するコンピューターテスト「Cognitrax」を実施するというもの。

 Cognitraxは、米国CNS Vital Signsが開発した認知機能検査であり、国内ではヘルス・ソリューションという企業が提供している。言語記憶テストや視覚記憶テスト、指たたきテストなど、10種類のテストから成り、記憶力、注意力、処理速度、実行機能など広範囲の機能領域を測定できるものだとうたわれている。

 今回のテストでは、ブドウ糖含有ゼリー飲料を摂取した場合に、プラセボゼリー飲料を摂取したときよりもCognitraxの認知機能スコアが高くなるのか、統計解析による比較を行なっている(辞退や測定トラブルなどで計測できなかった4名を除く、12名の結果を解析)。

 その結果、認知機能テストの前にブドウ糖含有ゼリー飲料を摂取した時は、プラセボゼリー飲料を摂取した時と比較して、認知機能の一部である「実行機能」と「運動速度」の標準化スコアに改善が見られたという。

テストの概要

  • 実施時期:2020年1〜2月
  • 対象者:20〜39歳の健常な男女16名(最終解析対象者 女性12名)
  • 試験食品:ブドウ糖30gを含有するラムネ風味ゼリー飲料(ブドウ糖含有ゼリー飲料)
  • 対照食品:ブドウ糖を抜いたラムネ風味ゼリー飲料(プラセボゼリー飲料)
  • 試験期間:単回摂取
  • 試験方法:ランダム化プラセボ対照二重盲検クロスオーバー比較試験
  • 試験項目:「Cognitrax」による認知機能スコア

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン