このページの本文へ

クラウド型製品マスタSaaSのLazuliがMicrosoft for Startupsに採択

2020年12月23日 09時00分更新

文● Lazuli株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Lazuli株式会社
マイクロソフトと協業してクラウド型製品マスタSaaSを推進

クラウド型製品マスタSaaSを開発/提供するLazuli株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:萩原 静厳、以下:Lazuli)は、マイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州、以下:マイクロソフト)が支援するスタートアッププログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。これにより、Lazuliは、マイクロソフトと協業してクラウド型製品マスタSaaS”Ninja DB(仮称)”を推進してまいります。


LazuliがMicrosoft for Startupsに採択
■ Microsoft for Startupsとは
世界140カ国以上で展開されているマイクロソフト社が提供する新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたスタートアップ支援プログラムです。
当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。
詳細ページ https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx

■ 今回の採択により、弊社は下記の取り組みについて積極的に推進いたします。
・最先端のMicrosoft Azureを活用した高度な企業クラウドサービスの提供
・最新のフロントエンド技術を活用したアプリケーション開発

■ Lazuliの製品紹介
Ninja DB(仮称)は、世界中に存在する製品情報を収集し、当社独自のアルゴリズムによって名寄せし、その特徴を抽出して独自のタグ付けを行います。数多ある製品情報を正規化し、クラウド型の製品マスタとして日々アップデートされ続けるこの巨大なデータベースを通じて、以下を始めとして企業のDX活動に様々な価値を提供していきます。

【提供形態例】
法人間等で異なるデータを統合分析可能なデータ提供
管理業務の効率化や工数削減
製品情報の管理・更新への活用
商品登録時の業務効率化
ECサイトでのユーザー体験向上への活用
製品間の「関係性」を活用した新しいレコメンド
検索サジェストへの活用
データのマーケティング活用
BIツールを介した分析ソリューションとしての提供
ほか

【想定顧客】
飲料・食品販売メーカー、卸
スーパー、コンビニエンスストア事業者
小売流通EC事業者
マーケティング支援・システムインテグレーション事業者
流通、倉庫事業者
ほか

■会社概要
会社名  Lazuli株式会社
代表者  代表取締役 萩原 静厳
URL   https://lazuli.ninja/
設 立  2020年7月22日
所在地  東京都文京区小石川2-1-13-1003
事業内容 クラウド型製品マスタSaaSの開発/提供

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン