三井不動産、日本橋に宇宙ビジネス拠点「X-NIHONBASHI TOWER」開設

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 三井不動産は12月9日、日本橋エリアに新たな宇宙ビジネス拠点「X-NIHONBASHI TOWER」を開設。宇宙関連領域におけるビジネス活性化促進プロジェクト「X-NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」を本格始動すると発表した。

 X-NIHONBASHIは、日本橋の街において「場」の提供と「機会」の創出を通じて宇宙関連領域のビジネス拡大に貢献、そこに集まる産・学・官と共創活動を推進する一連のプロジェクト。

 日本橋エリアではこれまでにも、「宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHI」を2018年11月に開設したほか、超小型衛星ビジネスを展開するスタートアップ・アクセルスペースや国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)など、宇宙に関する様々なプロジェクト参画やイベント・カンファレンス誘致を推進。

 新たに、宇宙ビジネスを牽引する新たな「場」として、日本橋三井タワーに共創や情報発信の拠点X-NIHONBASHI TOWERを開設することでX-NIHONBASHIを本格的に始動する。

 今後、X-NIHONBASHIの推進を通じ、三井不動産が進める「日本橋再生計画」の第3ステージにおける戦略カテゴリーとして「宇宙」領域の取り組みを進めるとしている。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月