このページの本文へ

ウミトロン、スマート魚体測定システム「UMITRON LENS」を開発

2020年12月10日 07時00分更新

文● ウミトロン株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウミトロン株式会社
ウミトロン株式会社(所在地:東京都品川区、共同創業者 / 代表取締役:藤原謙)(以下ウミトロン)は、新サービスであるスマート魚体測定システム「UMITRON LENS(R)」を開発しました。 「UMITRON LENS」はAI・IoT技術を活用し、ポータブルの撮影用カメラとスマートフォンアプリでの操作によって、水中にいる魚のサイズを自動で測定し、クラウドでのデータ管理が可能な水産養殖向けスマート魚体測定システムです。




開発の経緯
魚の成長サイズは水産養殖における重要な経営指標です。しかし、手作業での計測は労務の負荷が高く、計測中に魚を傷つけることで資産価値が落ちるといった課題があり、これまで十分な魚の数・頻度で計測することが困難でした。
「UMITRON LENS」は小型のステレオカメラとAIを活用して、水中の魚のサイズを自動計測します。また、通信機能によってクラウドとデータ連携することで、魚の成長確認を容易にし、労働の省力化や収益性の向上、経営安定性に貢献します。

UMITRON LENSをブリの生け簀にて使用する様子(大分県臼杵市)
UMITRON LENSスマートフォンアプリサンプル画像
本システムは、2018年より大分県で開発を進めてきました。実際に生産現場での計測作業のユーザビリティーや、生育管理に役立つデータや推定精度への改善を続けてきました。
従来は、ユーザービリティーを高めるために小型ステレオカメラ活用をする場合、測定精度の低さが課題でしたが、独自の解析アルゴリズムを開発し、高い測定精度を実現しました。
ブリ(左)とマダイ(右)の解析イメージ

本事業は、2020年6月に経済産業省 関東経済産業局より「異分野連携新事業分野開拓計画」に認定されました。大分県のブリ養殖事業者である重宝水産株式会社と愛媛県のマダイ養殖事業者である赤坂水産と連携し、新サービスの開発と市場開拓を進めております。

採択内容概要
プロジェクト名 :IoT/AI技術を活用した水産養殖管理サービスの事業化
コア企業   :ウミトロン株式会社
採択日   : 2020年6月5日

UMITRON LENSの実証パートナー募集
魚の成長データを取得する「UMITRON LENS」に加え、リリース済みであるスマート給餌機「UMITRON CELL」、魚の食欲解析システム「UMITRON FAI」、海洋データサービス「UMITRON PULSE」のデータを統合を進めることで、持続可能な未来型の水産養殖モデル実現を目指します。今後、ウミトロンサービスの既存ユーザーへ順次展開をしてまいります。また、この未来型水産養殖モデルへご賛同いただける、生産者・漁業協同組合・地方自治体等の実証パートナーを広く募集しております。本件にご興味をお持ちの方は是非お気軽にお問い合わせください。

関連プレスリリース
大分県とウミトロン、AI・IoT技術を活用した水産養殖におけるデータ経営実現に向けた取り組みを開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000034537.html

ウミトロンについて
ウミトロンは、成長を続ける水産養殖にテクノロジーを用いることで、将来人類が直面する食料問題と環境問題の解決に取り組むスタートアップ企業です。シンガポールと日本に拠点を持ち、IoT、衛星リモートセンシング、機械学習をはじめとした技術を用い、持続可能な水産養殖のコンピュータモデルを開発しています。私たちは世界中の養殖ノウハウを集積したコンピュータモデルを開発・提供することで、より安全で、人と自然に優しい「持続可能な水産養殖を地球に実装する」ことを目指しています。
https://umitron.com/ja/index.html

- お問合せ先 -
ウミトロン広報担当窓口 Email:pr@umitron.com
ウミトロンの各種サービス・事業連携窓口 Email:info@umitron.com

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン