このページの本文へ

テクノロジーを活用したエコ分野の課題解決『第1回エコテックグランプリ』荏原製作所賞を受賞

2020年12月02日 09時00分更新

文● ファンファーレ株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファンファーレ株式会社
―数理最適化による産業廃棄物業界の省力化―

ファンファーレは、2020年10月3日(土)『第1回エコテックグランプリ(主催:株式会社リバネス)』に登壇。応募総数349件のエントリーを勝ち抜いたファイナリスト12社がプレゼンテーションを行い、厳正な審査の結果、荏原製作所賞を受賞しました(受賞テーマ「数理最適化による産業廃棄物業界の省力化」)。 今後は、より強いエンジニアチームづくりと更なる事業成長を推進し、廃棄物業界の収集運搬・処理業務を省力化するサービス開発を通して「住み続けられるまちづくり」の実現に貢献します。



写真右:CTO矢部顕大


世界の課題解決に取り組む『第1回エコテックグランプリ』について

未解決の課題を科学技術の集合体で解決する取り組み『テックプランター』。対象となる技術領域は、ものづくりの要素が介在し、世の中を課題解決の原動力となるような領域です。

ディープテック・アグリテック・バイオテック・マリンテック・メドテック・エコテックの6つの部門ごとに、選抜メンバーによるプレゼンテーションとパートナー企業エグゼクティブ層による審査が行われます。

今回新たに創設されたエコテック部門では、エントリーを勝ち抜いたファイナリスト12社が、テクノロジーを活用したエコ分野の課題解決策をプレゼンテーション。ベンチャー、中小企業、大企業が一体となり世界の課題解決へ向き合いました。

第1回エコテックグランプリ概要

開催日時:2020年10月3日(土)
参加対象:エントリーチーム、パートナー企業、プロフェッショナルサポーター(クローズド・事前登録制)
ウェブサイト: https://techplanter.com/etg2020/




廃棄物回収に特化した“AIによる配車計画”の自動作成サービス「配車頭(ハイシャガシラ)」

今回、受賞したファンファーレが提供するのは、廃棄物の収集運搬に特化したAIを用いた配車管理サービス。
AIによる配車計画の最適化により、複雑で手間だった配車計画の作業時間を1/100以下にします。〈特許出願中〉



配車頭(ハイシャガシラ)によって実現する世界とは? 

(1)ユニック車のルート回収にも対応
廃棄物品目毎の最適なコンテナの積込み、積下し順を踏まえた最適な配車計画を作成できます。もちろんコンテナ車にも対応しています。

(2)産廃業界特有の配車要件に対応
例えばコンテナ洗浄など、産廃の収集運搬で発生する様々な要件を踏まえた、痒いところに手が届くサービスです。

(3)安価な料金設定
大規模な自社システムを開発する必要はありません。日々、自動で改善される弊社サービスを安価な月額料金で利用開始できます。

【ファンファーレからのコメント】
現在は産廃の配車管理に特化していますが、今後は受発注のオンライン化・処理の効率化など予定しています。徹底的に現場に寄り添うことで、廃棄物業界の発展の一助となることを目指しています。


サービス概要

正式名称:配車頭(ハイシャガシラ)
サービス対象地域:全国
料金:月額5万円~ ※詳細はお問い合わせください
お問い合わせ:https://www.haisya-gasira.com/lp


会社概要         

社名:ファンファーレ株式会社
設立:2019年6月25日
代表:近藤志人
事業内容:産業廃棄物業界の省力化・効率化
本社所在地:〒105-6004 東京都港区虎ノ門4丁目3−1城山トラストタワー4階
ホームページ:https://www.fanfare-kk.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン