このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

フルHD&WQHDゲームプレイなら何の心配もなく快適!

最新Ryzen 7+RTX 3070など“王道”の人気パーツを集約、性能と価格のバランスにこだわったゲーミングPC「ZEFT R30X」の魅力に迫る

2020年12月03日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コストを抑えつつパフォーマンスの向上を図ったZEFT R30X

 9月にNVIDIAがAmpereアーキテクチャを採用した新世代の「GeForce RTX 30シリーズ」を発表し、AMDも10月にZen 3アーキテクチャに基づく新型CPU「Ryzen 5000シリーズ」を発表するなど、PC市場において2020年は革新的ともいえる大きな動きがあった年となった。こうした新製品の発表を受け、BTOパソコンメーカーも刷新した新モデルを市場に投入し、賑わいをみせている。

 パソコンショップSEVENを運営するセブンアールジャパンも、そうしたBTO PCメーカーの1社で、従来モデルからCPUを「Ryzen 7 5800X」に、GPUを「GeForce RTX 3070」(以下、RTX 3070)にそれぞれ変更したモデル「ZEFT R30X」を販売している。

 しかし、伝え聞くところによると、このZEFT R30Xは、ただCPUとGPUを刷新しただけではないとのこと。では、ZEFT R30Xは一体どのようなマシンなのか、セブンアールジャパンの西川 龍氏と中嶋 孝昌氏に話を伺った。

ZEFT R30X
https://pc-seven.co.jp/spc/12755.html
直販価格24万1780円(11月30日現在)

「ZEFT R30X」の主なスペック
CPU AMD Ryzen 7 5800X(定格クロック3.8GHz、最大クロック4.7Hz、8コア/16スレッド、L2キャッシュ容量4MB、L3キャッシュ容量32MB)
グラフィックス GeForce RTX 3070
メモリー 32GB PC4-25600(DDR4-3200 SDRAM、16GB×2)、スロット数4のうち2スロット使用
ストレージ 500GB M.2 SSD(Western Digital WD Blue SN550、NVMe)、1TB HDD
PCケース CoolerMaster MasterBox CM694 TG
CPUクーラー Silverstone PF240-ARGB-7R
マザーボード ASRock B550 Pro4(AMD B550チップセット)
有線LAN 1000BASE-T LAN
無線LAN Wi-Fi6/Blutooth5.0対応
電源ユニット 定格出力750W(80PLUS Gold認証)
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ