このページの本文へ

11月24日より法人・個人向けに1台から販売

NTTドコモ、閉じた窓越しに会話できる「ウインドウスルー会話装置」

2020年11月16日 15時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモとNTTテクノクロスは11月16日、NTTの音響信号処理技術を活用し、自動車などの窓ガラス越しでも会話を可能にする「ウインドウスルー会話装置」を発表。11月24日に発売する。

 新型コロナウイルスの感染防止の観点から医療現場や飲食店・商店などでは、互いに隔離された環境でのコミュニケーション需要が高まっている。ドライブスルーなどでは窓を完全に閉めた状態で会話することが望ましいが、互いの声を聞き取りづらいという課題がある。

 ウインドウスルー会話装置は受話器型装置を閉めた状態の窓ガラスやアクリル板に機器を押し当てながら話すと、内蔵のエキサイター(振動素子)がガラスやアクリル板を振動させ、声を相手に伝えることができきる。また、相手の声は機器内蔵のマイク(振動ピックアップ)により集音。イヤホンマイクで聞くことができるため双方向に会話が可能。

 NTTメディアインテリジェンス研究所が開発したエコーキャンセラを用いて窓越しの人の声のみを抽出する技術「ウインドウトーク技術」を搭載しており、窓の振動が重なることで生じるエコーやハウリングをキャンセルし、双方向のスムーズな会話を実現するという。

 単3電池2本で動作。法人・個人向けに1台から販売する(価格は販売店や販売形態によって異なるため要問い合わせ)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン