このページの本文へ

Razer「Huntsman Mini」日本語配列

小型ゲーミングキーボード「Huntsman Mini」に日本語モデルが追加

2020年11月14日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、オプティカルスイッチを採用する小型ゲーミングキーボード「Huntsman Mini」シリーズが発売された。価格は1万6979円。販売しているのは、パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店。

日本語配列版が追加されたオプティカルスイッチを採用する小型ゲーミングキーボード「Huntsman Mini」シリーズ

 8月に発売された「Huntsman Mini」シリーズに日本語配列モデルが登場した。通常のフルサイズキーボードから60%小型化したコンパクトサイズはそのまま。キートップには耐久性のあるダブルショットPBTキーキャップを採用。同時押しは10キーロールオーバー、レポートレートは1000Hzで、1680万色のイルミネーション機能を備える。

通常のフルサイズキーボードから60%小型化したコンパクトサイズ

 本体サイズは293.3(W)×103.3(D)×36.8(H)mmで、重量は523.3g、ケーブル長は約2.0m。スイッチはリニアオプティカルスイッチとホクリッキーオプティカルスイッチの2モデル。カラーはそれぞれブラックとホワイトで計4モデルがそろう。

【関連サイト】

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中