筐体容量はおよそ1.2リットルでディスプレー背面にも取り付け可能

インバースネット、第10世代Core搭載の超小型デスクトップPC3モデル

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは11月2日、CPUにインテル第10世代Coreを搭載する超小型デスクトップパソコン「CDシリーズ」の販売を開始した。

 メモリーとストレージ容量が異なる3モデルをラインアップする。販売はFRONTIERダイレクトストアにて。

 CDシリーズは、横置き設置時のサイズがおよそ幅178×奥行き188×高さ36mm 、容量およそ1.2リットルの超小型筐体を採用したデスクトップパソコン。付属のマウンターでディスプレー背面にも取り付け可能だ。

 筐体にはNVMe SSDと2.5インチS-ATA SSDを同時に搭載できるほか、デュアルチャネルに対応するメモリーを最大64GBまで搭載可能。インターフェースは、本体前面にUSB Type-A 3.2 Gen1×2、USB Type-C 3.2 Gen1×2、背面にUSB 2.0×4を装備する。映像出力端子としてHDMI、DisplayPort、D-Subも備え、2画面まで同時出力が可能。また、Wi-Fi 6とBluetooth 5.0にも対応する。

 上位モデルの主なスペックは、CPUがCore i5-10400(インテル UHD グラフィックス 630内蔵)、メモリーが16GB、ストレージが512GB SSD(M.2/NVMe)。価格は税別7万4800円。

 中位モデルの主なスペックは、CPUがCore i5-10400(インテル UHD グラフィックス 630内蔵)、メモリーが8GB、ストレージが480GB SSD。価格は税別6万9800円。

 下位モデルの主なスペックは、CPUがCore i3-10100(インテル UHD グラフィックス 630内蔵)、メモリーが8GB、ストレージが240GB SSD。価格は税別5万9800円。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月