GIGABYTEのGeForce RTX 3070をMini-ITXケースに入れて性能チェック

文●林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オーバークロックモデルを
ソフトでさらにオーバークロック

 さて、GIGABYTE独自のユーティリティー「AORUS Engine」にあるオーバークロック機能にはAuto Scanがあり、自動的にオーバークロックが可能だ。オーバークロック版なのでほとんどブーストクロックに差はないだろうと思ったが、下記のようにそれなりに上昇した。が、ベンチマークスコアに差はなく、4K解像度でのベンチマークを完走できなかったので、存在を忘れてもいいだろう。

動作クロックやファンの回転数制御などが行なえるGIGABYTE独自のユーティリティー「AORUS Engine」

AORUS Engineの自動オーバークロック機能Auto Scanを使うと、ブーストクロックが1834MHzまで上昇した。ただしベンチスコアの増加は誤差範囲。どうしても2000MHzを超えたいといったロマン用途に限られそうだ

ファンコントロールはAutoだけでなく、マニュアルもアリ。デフォルトでは49度以下でファンが停止になっていた

GPU温度は70度前後をキープ
最大消費電力は240W

 ここからは高負荷中の温度傾向と消費電力を見ていく。FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク ver1.3を室温24度の状況で30分実行した際にHWiNFO Version 6.32で取得したデータを元にしている。また消費電力についてはワットチェッカーでシステム全体の消費電力も計測した。なおアプリケーションの設定は、上記ベンチでDLSS on時と同様で、電源設定は高パフォーマンスだ。

以前に検証した際の設定を流用した。ファン配置およびエアフローは図の通り

排気性能向上のため、ケースの一部を加工してファンを取り付けている。冷却性能はミドルタワーと似るため、参考値にはなるだろう

 温度から見ていくと、下記のグラフの通りGPU(黄色い線)は70度前後になり、そこからはみ出ることはなく、管理がしやすい印象だ。CPUやストレージへの影響も軽微であり、吸排気をしっかりしておけば、温度面は気にせず長時間のプレイにも支障はないだろう。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク ver1.3実行中の温度傾向。計測時の室温は24度

 またGeForce RTX 3070 EAGLE OC 8Gに搭載されている3基のファンは2400rpmとなっていたが、吸排気ファンの騒音に紛れていたため、ファンの回転数上昇を感じることはナシ。グラフでもわかるが、ベンチマーク停止直後から一気に温度が下がっており、冷却と騒音のバランスは良好だ。

 次は、消費電力を見ていこう。GeForce RTX 3070 EAGLE OC 8Gのピークは240Wだった。CPUやマザーボード、拡張ボードなどによりシステム全体の消費電力は変化するが、今回のテスト環境では最大で399.5W。GeForce RTX 3080と比べた場合、とてもマイルドな消費電力であり、750W電源を用意しておけば余裕を持った運用ができる。なお、電源設定を「省電力時」にした時のシステム全体のアイドルは82Wだった。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク ver1.3実行中の消費電力。設定は先の温度傾向時と同じ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月