このページの本文へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第215回

多くの4G契約SIMはそのまま使える:

iPhone 12「5G契約」本当に必要?

2020年10月24日 09時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■本命はiPhone 12か、それともminiか

 iPhone 12では全部で4つのモデルが登場する中で、主力機種と考えられるのが「iPhone 12」です。MMD総研による購入意向調査では、iPhone 12が一番人気となっています。

最新iPhoneの主力モデル「iPhone 12」

 このiPhone 12と同サイズで、とにかく最高の機能を求めたい人向けのモデルが「iPhone 12 Pro」です。10月23日にはこの2機種が先行して発売されました。

iPhone 12と同サイズの上位モデル「iPhone 12 Pro」

 これに対して、11月に登場するのが最も小さい「iPhone 12 mini」と、最も大きい「iPhone 12 Pro Max」です。筆者は小型のiPhone 12 miniに特に注目しています。

 東京や大阪の大型家電量販店では、発売日がまだ先にも関わらず、iPhone 12 miniがアクセサリー売場の大きな面積を占めています。iPhone 12 miniが本命になると考えている販売店は多いようです。

小型iPhoneのサイズ感を比較。初代iPhone SE(左)、iPhone 12 mini(中央)、iPhone SE(右)。アップルの仕様をもとに筆者作成

 欧米やアジアでは「画面が大きいほど優れている」という考え方が主流となっており、小型のハイエンドスマホが好まれるのは日本などごく一部の市場に限られています。「世界の中で日本だけminiがよく売れる」といった、面白い現象を見ることができそうです。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中