このページの本文へ

EIZO「FlexScan EV3895」

EIZO初の湾曲液晶ディスプレー「EV3895」が発売

2020年10月18日 01時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EIZO初のウルトラワイド湾曲液晶ディスプレー「FlexScan EV3895」の販売がスタートした。価格は17万2728円(税抜)。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

EIZO初のウルトラワイド湾曲液晶ディスプレー「FlexScan EV3895」。ツクモパソコン本店では実機を展示している

 フルHD(1920×1080ドット)約3台分に相当するUWQHD+(3840×1600ドット)の情報を、アスペクト比24:10で37.5型の横長大画面に一覧表示できる。複数の液晶ディスプレーを使用した時と比較すると、ディスプレー間のベゼルがなく、横に広い情報でも視線移動がスムーズで作業がしやすい。

フルHD(1920×1080ドット)約3台分に相当するUWQHD+(3840×1600ドット)の高解像度を実現

 USB Type-Cケーブルを備えており、映像表示と同時に、ノートPCに最大85W給電ができるほか、有線LANもUSBハブを接続可能。3画面同時表示時(3 PbyP機能使用時)に対応するほか、USBアップストリーム端子を3系統(USB Type-B×2、USB Type-C×1)搭載し、KVM(Keyboard-Video-Mouse)機能に対応する。

USB Type-Cケーブルが付属しており、映像表示と同時にノートPCの充電できるため、忘れがちなノートPCへの電源アダプターの接続が不要

 主なスペックは視野角が水平/垂直178度、輝度300cd/m2、コントラスト比1000:1。インターフェースはUSB Type-C×1、DisplayPort×1、HDMI×2、USB3.1 Gen.1 Type-B×2、USB3.1 Gen.1 Type-A×4、RJ-45×1、ステレオミニジャック、スピーカー機能。本体サイズは893.9(W)×240(D)×411~603.7(H)mmで、重量は約13.2kgとなる。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中