このページの本文へ

IPO株購入抽選自動申込サービス「Aipos」事前登録開始!!


2020年09月28日 16時18分更新

文● 合同会社cicakel

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

合同会社cicakel
合同会社cicakel(本社:東京都葛飾区、代表社員:小山耕平・高嶺航)は、IPO株(新規公開株式)の購入抽選に自動で申込みが出来るIPO専用アプリ『Aipos』の事前登録を本日開始いたしました。2020年10月31日までに事前登録したユーザーは、サービス提供開始後30日間無料でサービスを利用することが可能です。




『Aipos』はIPO株の購入抽選自動申込ができる、日本初のIPO専用アプリです。

Aipos 公式HP: http://aipos.jp/

ユーザーは証券口座情報をAiposに登録するだけで、面倒で忘れがちなIPO株の購入抽選申込を自動で行うことが出来ます。(登録できる証券口座数は料金プランにより異なります。)

■ Aiposの3つの特徴

1.IPO株購入抽選に自動で申し込むことで、申込み忘れを防ぐことができる。

2.複数証券口座から抽選に参加することで、当選確率を高めることができる。

3.自分のIPO株購入抽選状況を簡単に管理することができる。

■Aipos誕生の背景

近年のIPO市場は活況を呈しており、購入したIPO株を上場後一番最初についた株価で売却する「初値売り」を行うことで、利益を得られる銘柄が大半を占めています。
(2015-2019におけるIPOの約88%にあたる387社のIPOでは初値売りで利益が出ており、初値売りによる利益の全体平均は約18万円。)

中には、初値売り利益が445万円(HEROZ社・2018年4月IPO)や132万円(サーバーワークス社・2019年3月IPO)など、100万円を超える利益をもたらすIPO銘柄も存在しており、IPO株の初値売りはトレードスキルをほとんど必要とせずにハイリターンを狙える株式投資です。

一般投資家がIPO株を購入するには、抽選に申込み当選する必要があります。大半の証券会社ではIPO株の購入抽選申込みを無料で行えるため、IPO株は「外れても損をしない宝くじ」とも呼ばれています。

一方で、IPO株に当選するには根気強く抽選に参加し続ける必要があり、抽選申込みには手間がかかります。そのために、ローリスクでハイリターンを望めるにも関わらず、「申込みを忘れてしまう」「やめてしまう」というケースが発生しています。

Aiposは、面倒なIPO株購入抽選申込み作業を自動化することで、ユーザーの「IPO株購入抽選への申込み忘れ」を無くすサービスです。また、複数の証券口座をAiposに登録することで、ハイリターンを狙えるIPO株の当選確率を高めることが出来ます。

■Aiposの使い方・利用シーン

1.Aiposアカウント作成後、IPO購入抽選申込に使いたい証券口座情報(ID/PWなど)を登録します。(登録できる証券口座数は料金プランにより異なります。詳しくはHPをご覧ください。)

2.Aiposは登録された証券口座において申込み可能な全てのIPO抽選に自動で申込みます。

3.Aiposから「IPO当選通知」が届いたら、期限内に購入手続きを行うことで、IPO株を購入することが出来ます。

Aipos 公式HP: http://aipos.jp/
(事前登録は公式HPから行えます)

■会社概要

会社名:合同会社cicakel
所在地:東京都葛飾区
代表社員:小山耕平・高嶺航
設立:2020年4月13日
URL: https://cicakel.com/

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】

合同会社cicakel
e-mail:info@cicakel.com

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン