このページの本文へ

バーチャルと現実を繋ぐ新たなオンラインイベント「Jupiter -A VIRTUAL JOURNEY-」月と木星が接近する9月26日(土)に開催!

2020年09月16日 11時00分更新

文● 株式会社YELLOW

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社YELLOW
バーチャルヒューマンアーティスト:YELLOCKとともに人類未踏の地・木星へ

株式会社YELLOW、株式会社Vi-TWIN(両代表取締役:永松学)は、9月26日(土)21:00より、最新のバーチャル合成技術やモーションキャプチャ技術を駆使した新たなオンライン音楽イベント「Jupiter -A VIRTUAL JOURNEY-」の開催を発表しました。






最新のバーチャル合成技術やモーションキャプチャ技術を駆使した新たな音楽ライヴイベント「Jupiter -A VIRTUAL JOURNEY-」が9月26日(土)21:00より開催決定。

本イベントは特設サイトを通じ、オンライン上の各プラットフォーム(YouTube、Twitch、facebook)にて無料で視聴可能となります。

特設サイトURL:https://A-VIRTUAL-JOURNEY.com/
オフィシャルトレーラー:https://www.youtube.com/watch?v=hqZeGoCRHhg




■バーチャルヒューマンアーティスト:YELLOCKが贈る新たな音楽体験

2020年1月、世界に先駆け最新技術を駆使したバーチャルヒューマンライヴを敢行し、大きな話題を呼んだバーチャルヒューマンアーティスト:YELLOCKが贈る新たな音楽体験「Jupiter -A VIRTUAL JOURNEY-」。

このコロナ禍において、仮想空間上では世界中で新たなエンターテインメントが模索されるなか、音楽の未来を体現するYELLOCKがバーチャルのさらなる可能性を追求。オンラインゲーム上で行われている完全バーチャルのライヴとは一線を画す、あくまで現実世界の延長線上で新たな音楽世界へと誘います。

今回はYELLOCKに加え、長きに渡り日本のドラムンベースシーンを牽引し、世界の第一線で活躍するDJ AKi。さらには海外から、ドラムンベースの本場UKで“リヴァプールの暴れ馬”との異名を持つVIPER RECORDINGS主宰Futureboundがリモート出演。オンラインの特性を活かし、グローバルなラインナップが実現しました。







■月が誘う未開の地:木星へ…バーチャル時空体験「Jupiter-A Virtual Journey-」

9月25日(金)~26日(土)にかけ、宇宙では月が木星へと接近。そんなまたとない日に開催される「Jupiter -A Virtual Journey-」。未開の地:木星へと思いを馳せ、バーチャルで体験する木星への旅……それこそバーチャルしかできない稀有な体験。

舞台となるのは宇宙への旅路、人類未踏の地:木星、そしてラストには再び地球、それも誰もが馴染みのあるあの場所へ……木星旅行の終着点は現実世界、「Jupiter -A VIRTUAL JOURNEY-」はバーチャルとリアルを繋ぎます。

今回は高品質CGと無限のクリエイティビティで、まだ誰も見たことのない木星を映像で表現。そして、最新の3DCG、AR技術を駆使しながらリアルタイムでDJプレイと合成し、木星へのバーチャルジャーニーを演出。現在進行形のリアルなサウンドとともに、“聴く”“観る”からさらに一歩進んだ、“出演アーティストとともに体験する”新たなオンラインイベントの楽しみ方を提案します。







■リアルとバーチャルを繋ぎ、世界中が同時に“体験”を“共有”

「Jupiter -A VIRTUAL JOURNEY-」では、音楽と映像を世界中で同時に楽しむと同時に、より一体感を高め、同じ時間·空間を共有するための様々な施策を用意しています。

その1つが、同じ旅を共にするクルーとなるべく「オリジナルTシャツ」を制作。さらには、木星到達とともに、参加者全員で祝杯をあげるべく「オリジナル“カンパイ”グラス」も。そして、南青山の高級焼肉店「よろにく」の特別協力により、当日は数量限定で実山椒の和牛ちらし「よろにく特製“Jupiter”弁当」も販売。

視聴者もライヴをただ享受するだけでなく、体験を共有することで能動的に参加し、より一体感を高め、さらなる“ライヴ体験”を創出します。

※なお、各種購入方法に関しては特設サイトからご確認ください。





【出演】
●人間とバーチャルヒューマンの“デジタルツインズ”
YELLOCK

最新のテクノロジーを駆使し、ダンスミュージックを中心とした音楽によるライヴパフォーマンスの可能性を実験的かつ未来的にアップデートしていくバーチャルヒューマンアーティスト。2020年1月に行なわれた初ライヴでは、超高性能モーションキャプチャスーツを着た“リアルな人間”と、モニター上に人間と同じ動きをタイムレスに行なう“バーチャルヒューマン”を同時に出現させ、リアルとバーチャル、2人のYELLOCKが織りなすバーチャルヒューマンライヴを世界初披露。その新たな音楽表現の可能性は大きな注目を集めた。

YELLOCK
https://twitter.com/yellock_jp


●VIPER RECORDINGS主宰“リヴァプールの暴れ馬″
FUTUREBOUND

ドラムンベース·シーンを代表するVIPER RECORDINGSのレーベルボスFUTUREBOUND。ドラムンベースの祭典「Let It Roll」、「Rampage」はもちろん、世界でも有数のビッグフェス「ULTRA MUSIC FESTIVAL」や「EDC」、「Creamfields」などこれまで数多くのフェスやパーティーに出演。そのパフォーマンスは各地で絶賛され、現行シーンにおける評価は格別。また、プロデューサーとしても活躍。UK TOP30 にチャート入りした“All I Know”と“Magnetic Eyes”での成功を皮切りに、過去最高のヒット作となった“Control”でポジションを確立。その後も“Don’t Look Back”で4曲連続Radio 1のプレイリスト入りするなど、大きな人気を博している。

FUTUREBOUND
https://twitter.com/FutureboundLFC


●新たな境地へと向かう“日本ドラムンベース界のスター”
DJ AKi

2001年にNYより帰国し、渋谷WOMB でアジア最大のドラムンベースパーティ「06S」のレジデントDJとして活動を開始。18年間に渡って100組を超える海外のトップDJ/アーティストと共演&日本に紹介し、日本のシーンの拡大に寄与。これまで「FUJI ROCK FESTIVAL」や「Ultra Korea」、「Ultra Japan」、「WOMB ADVENTURE」などの大型フェスティバルにも多数出演。国内外、様々なアーティストのリミックスを手掛け、2014年からは3年間に渡ってSTY、YUUKi MC とのユニットASYでドラムンベース、ダンスミュージックを軸に楽曲制作を行い、シングル“S.T.A.R.S.”はiTunesダンスミュージックチャートで2位にランクインしている。

DJ AKi
https://twitter.com/djaki


●開催概要
【タイトル】 「Jupiter -A VIRTUAL JOURNEY-」
【開催日程】 2020年9月26日(土)21:00 ~ 24:00
【公式URL】 https://A-VIRTUAL-JOURNEY.com/
【主 催】 Jupiter制作委員会(06S Records / 株式会社HiGH CONCEPT / 9B / 株式会社YELLOW / 株式会社Vi-TWIN / 株式会社Mawari)
【特別協力】 よろにく / 青山fai

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン